「安達正勝」おすすめ作品一覧

「安達正勝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/25更新

ユーザーレビュー

  • 死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男
    フランスの死刑執行人サンソン家の歴史の中で、
    フランス革命期に生きた四代目シャルルーアンリに
    焦点を当てて、本人の生き方、関わった人々、
    時代について、詳細に書かれている。
    死刑執行人として逃れられない運命。
    職業差別、死刑執行の緊張感と喪失・・・様々な葛藤を
    抱えながらも、結局は執行人としての職務...続きを読む
  • 死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男
    サンソン、と言えばフランスの死刑執行人。代々世襲であり、非情な死刑を行うということで皆から恐れられていた。とはいえ、死刑執行は国王の名における命令であるし、残虐な刑はサンソンが考えたのでなく、時代が求めていたと言うべきもので、執行人たるサンソンは心を痛めていた。一番の悲劇は尊敬するルイ16世を処刑す...続きを読む
  • 物語 フランス革命 バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで
    フランス革命の流れを追いながら、革命に関わった「人物」にスポットを当てて解説がされている。サラッと読めて流れも入って来やすい。「なぜここはこうだったのか?」という疑問がスルスル解決していくし、人物にスポットが当たることで革命に親近感が湧く。面白かった
  • 物語 フランス革命 バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで
    [革命の雄のお話]世界史の授業でも欠かさず取り上げられ、今日においても関連書籍の刊行が後を絶たないフランス革命。文字通り世界を揺るがす大事件であったこの革命を、人物やその動向に焦点を当てながら綴った作品です。著者は、これまでにもフランス革命に関する著作を多数世に送り出している安達正勝。


    有為転変...続きを読む
  • 死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男
    初代サンソンは不可触賎民に生まれたのではなく選択した。それは処刑人の娘と結婚するためではあれ自我を重んじて決意した。この本はサムソンが自分が決意したために、自分の子孫の人生を処刑人に導いた「過ちと悔い」を手記に記した文献を基に彼らの行き方を描いた歴史書である。
    日本では山田朝右衛門が有名で、こちらは...続きを読む