「安達正勝」おすすめ作品一覧

「安達正勝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/25更新

ユーザーレビュー

  • 死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男
    フランスで代々死刑執行人の役目を担ってきたサンソン家の四代目にして王党派・死刑廃止論者のシャルル=アンリ・サンソンの生涯を書いた本。歴史書というよりは小説に近い形式で楽しくスラスラ読める。
    前半は国民から蔑まれ、差別を受けながらも一方で貴族並みの生活水準を持つ死刑執行人の特殊な立ち位置とその営み、後...続きを読む
  • 死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男
    サンソン家執行人の4代目シャルル・アンリ・サンソンの生涯が綴られています。
    サンソンの中でも一番多く首を落とし、敬愛する国王ルイ16世までもあの世へ送ってしまいます。
    ギロチン誕生と革命・恐怖政治という激動の時代に処刑を受け持った、強靭な精神力の持ち主です。
    最後まで丁寧に仕事をやり遂げたわけですが...続きを読む
  • 物語 フランス革命 バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで
    1789年、パリ民衆が国王に愛想を尽かし、バスティーユ監獄を襲撃したことからはじまり、1804年皇帝ナポレオン誕生によって完結したとするフランス革命。その15年をコンパクトにまとめたフランス革命入門書。

    革命側は、主権を持った国民は生まれたときから平等であると主張し、その主張を自国だけではなく、世...続きを読む
  • 死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男
    ノンフィクション小説みたいで読みやすい。
    死刑執行人は好き好んで処刑しているわけではない
    命じられたから仕事としてやっているだけである
    しかし市民はそれを穢れたものだと嫌悪し、差別する
    感情の仕業だからしょうがないと諦めるも、人権宣言で事態はひっくり返る
    それまで嫌悪されていたのが社会に認められる。...続きを読む
  • 物語 フランス革命 バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで
    新書にしては幾分厚い本で、また、歴史に関するまじめな本なので、読み始めるのに覚悟が要ったが、いざ読んでみれば、フランス革命を彩った人間ドラマを小説のようにすいすいと読め、楽しく勉強できる。
    世間で語られるイメージのある登場人物の生い立ち、素顔などを読んでいくと、そうしたイメージには誤解もあることに気...続きを読む