物語 フランス革命 バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで

物語 フランス革命 バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで

作者名 :
通常価格 1,012円 (920円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

一七八九年、市民によるバスチーユ襲撃によって始まったフランス革命は、「自由と平等」という光り輝く理想を掲げ、近代市民社会の出発点となった。しかし、希望とともに始まった革命は、やがて恐怖政治へと突入、ナポレオンを登場させ、彼の皇帝即位をもって幕を下ろす。本書は、ドラマに満ちた革命の有為転変をたどりつつ、当時を生きた人々の息づかいや社会の雰囲気を丁寧に追い、革命の時代を鮮やかに描き出す。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
342ページ
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

物語 フランス革命 バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月13日

    フランス革命について殆ど知識が無い状態で読み始めたが、とても分かりやすく面白く読めた。
    当時の王、貴族、ブルジョア、市民の価値観や刻一刻と変化する状況。時代の流れに逆らう者、流されたはいいが滝つぼから落っこちる者、そういった大河ドラマ的な面白さがあってすごく良い。妊娠していたおかげで首を落とされずに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月10日

    フランス革命の終始を、読みやすく分かりやすく解説してくれる本、事実を追うだけでなく、意義や流れが、自然に盛り込まれていて、小説を読むような感覚で読むことができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月24日

    これは名著ですね。私のようにフランス革命についてあまりよく知らない者にとって、最高の「入門書」でした。読み物として面白いし、分かりやすい。たまに日本との比較や著者の主観コメントが入るが、入り過ぎもしないのが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    フランス革命は近代社会のバックグラウンドに直結していると、そういうざっくりの印象はあったのですがたったの10年弱の出来事だったのですね、濃密な期間でロマンを馳せるには申し分ない猛者たちが登場してくるし、悲劇的でかつドラマティック。

    歴史をなぞっているのだけど、各人物の人間臭いところに焦点を当てまさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月29日

    フランス革命といえばナポレオン。と漫然としたイメージがありましたが、本書でスッキリ筋道がわかりました。時代の趨勢と国民の意識こそが国を変え世界を変えていくのだと思います。世の中の流れを見る嗅覚と、自分は今なにをすべきかを考えながら生きていきたい。非常に読みやすくわかりやすい内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月09日

    かねてよりフランス革命は、世界にもっとも大きな影響を与えた史実という認識を持っていた。それゆえに関心もあったが、通史的な本を読んでも、他の史実と似たような濃度で書かれてしまう。だから、いつかフランス革命のみに言及した本を読みたいと思っていた。

    随分と時間がかかったが、その間フランス革命の本は常に渉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月22日

    コテンラジオでフランス革命が取り上げられており、もっといろいろと知りたくなりこの本を手にしました。
    非常にわかりやすかったと思いますし、各演説や名言には気持ちの高揚や熱狂が感じられます。
    時折、革命の主流ではない人物への言及箇所がありますが、作者が後書きで述べているように、登場人物を多くする意図によ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月12日

    #一度読んだら絶対に忘れない世界史 を読んだ中で、一番興味を持った出来事、#フランス革命 。

    「物語」というだけあって、人物に焦点を当て、非常にその時代を生々しく描いているのが素晴らしいと思う。教科書では革命の象徴的に記載されるバスチーユ陥落も、よくよく見たらただのノリしゃねえか!と思ってしまう。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月10日

    とても読みやすく、フランス革命について再勉強するのに最適な本でした。フランス革命は世界中に影響を与え、現在までフランスにおいても重要なターニングポイントであったと再認識しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    ・1789年にフランス革命が勃発したとき、時の国王をルイ16世であった。フランス革命は1793年に最高潮に達するが、この頃の革命の最高指導者はロベスピエールであった。1799年にブリュメールのクーデターで革命を終息させるのがナポレオンである。したがって、フランス革命はルイ16世に始まり、ロベスピエー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

中公新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング