元監察医上野正彦作品

このエントリーをはてなブックマークに追加

元東京都監察医上野正彦氏の特集です。

※セーフサーチを中またはOFFにすると、すべての作品が表示されます。

おすすめ作品

      • 死体は語る

        死体は語る

        ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 毎日数体の変死体を検死して34年。元東京都監察医務院長が、異常死の真相を法医学の立場から初めて明かす、ミステリア...

      • 死体に聴け

        死体に聴け

        値引き

        東京都の監察医となって数多くの「死体」と対面してきた著者が「死」とは何かを語る。監察医とは意外なことに事件性のはっきりした死体は解剖しない。いわゆる「変死体」と言われる死因のはっきりしない死体と向き合う。それだけに、その死から様々なドラマを読むことになる。誰にも看取られずに死んだ独居老人、溺れて...

      • ヒトは、こんなことで死んでしまうのか

        ヒトは、こんなことで死んでしまうのか

        値引き

        人というものは、こんなにあっけなく命を落としてしまうものなのだろうか。事故や病気といったものはもちろん、日常生活には死の危険が潜んでいる。病院で死ななかった2万体もの遺体を監察医として「検案」「行政解剖」をしてきた著者が、意外な死因や医師の倫理について考察する。「脳、心、肺」の3つの器官の機能が...

      • 死体の涙 監察医が見た

        死体の涙 監察医が見た

        値引き

        40年近い年月を死体とともに生きてきた著者が、さまざまな死体から聞き取った声なき声を綴る。幼子をなくした母の悲嘆と狂乱ぶりにせつなさを募らせ、母を亡くした乳飲み子の無邪気な姿に涙を流す。老人の自殺に家族の間の冷めた実態を感じ取る。 東京都の監察医として2万体の検死に立ち会い、5千体の解剖を手掛けたそ...

      • ずっと死体と生きてきた

        ずっと死体と生きてきた

        値引き

        東京都の監察医として、5千体の解剖、2万体の検死にたずさわってきた。サスペンスドラマですっかり一般的になった監察医は生きている人間ではなく、亡くなった死体と向き合う。死体から様々なことを読み取るという“仕事”を通じて、逆に人の“生きてきたこと”を読み取る。変死体、殺人、事故、自殺と、死因も様々だ。退...

他にもあります。上野正彦作品