死体は切なく語る

死体は切なく語る

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

涙は見せられない。それがどんなに辛くてひどい死体であろうと。しかし、現場を離れて時間がたった今、思い出すと自然に涙がこぼれてくる検死のドラマがある。殺された幼い子どもが最後に見た光景、布団の中で凍死してしまった老人の孤独、自分を盾にした母の愛――。監察医として30年間、約2万体の死体を検死し、生を死の側から見てきた著者が語る命の尊厳と、生と死のドラマ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
東京書籍
ページ数
192ページ
電子版発売日
2016年03月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

死体は切なく語る のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    死体監察医としてテレビ等でも拝見する機会が多い著者の新刊です。タイトル通り、読むと切なくなる話ばかりでした。印象的なのは「今までで印象に残っているものを3つ」といわれて、著者があげた3つの死体の話です。犯人を最後まで追い詰めようと殉職した刑事の話や、交通事故で子どもを亡くした母親の話などあげられてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    他の著書では、法医学者の立場から淡々と死体について語っている著者ですが、この本では、時折一人の人間、一人の親としての心情を綴っています。

    身を挺して子を守ろうとする母親の話や、強盗に襲われたおばあさん、精神に異常をきたした母親が死んだ子供を抱えて離さない話など、涙が出てしまいそうな体験談が書かれて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月25日

    元解剖医上野氏の2冊目
    普通は死ぬと穏やかな死に顔になるが、死ぬ瞬間に強い怒りやらがあるとそのままの形相で死ぬということくらいしか覚えていない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月18日

    死体というのは、その人の人生を現しているようだ。
    たとえ、表面上鬼畜な殺人と思われていても、実際にはそこまでに至った経緯やなぜそのようなことになったかを紐解いていくことで、納得の得られる解がある。

    子への無償の愛、孤独に死を迎える老人など、その死体が語るものから上野さんの思いや、事件背景を説明して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    死体に対し、監察医の目線だけでなく、その背景にまで気を配られた内容。
    ドラマを感じ、読みやすかったです。
    親、子供、大切な人を亡くして悲しくない人はいない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    作者は、元東京都監察医。
    今までに2万体の死体を検視したそうである。
    そこで、さまざまな死体に出会い、
    その中で、忘れられない出来事を綴っている。

    殺人なのに、自殺ということで片付けられてしまった死体、
    必死で子供を守りぬいた母親の無念の死、
    凍死なのに汗をかいていた死体。。。などなど、
    親子愛、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています