死体は悲しい愛を語る

死体は悲しい愛を語る

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

あまりに切ない偽装自殺、愛する人と一緒に死にたい、10分の差の悲劇、信頼した人の裏切り、そしてねじれた愛…2万体を検死した監察医が綴った涙のノンフィクション。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
東京書籍
ページ数
208ページ
電子版発売日
2016年03月04日
紙の本の発売
2008年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

死体は悲しい愛を語る のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年04月12日

    タイトル通り「悲しい」ものが多く、こんな悲しいものを自慢げに本にしちゃっていいのか、そしてそれを娯楽として楽しんで読んでいいのか、という罪悪感も。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月15日

    死後の体を、知識を持って調べると、いろいろな事が分かるらしい。
    その中でも、誰かの事を思って、亡くなった方の例が書かれている。

    誰かを思うと言っても、愛するが故だったり、憎しみや憎悪によるものもあって、後味が悪く、どうして?と思わずにはいられないケースも多い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています