ずっと死体と生きてきた

ずっと死体と生きてきた

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東京都の監察医として、5千体の解剖、2万体の検死にたずさわってきた。サスペンスドラマですっかり一般的になった監察医は生きている人間ではなく、亡くなった死体と向き合う。死体から様々なことを読み取るという“仕事”を通じて、逆に人の“生きてきたこと”を読み取る。変死体、殺人、事故、自殺と、死因も様々だ。退官後も多くの経験から死に至る状況を推察し、死因の特定を試みる。時には犯人の心理に迫り、遺体発見のアドバイスも求められる。決して美しくない自殺の実態から、事件の真相など、未解決事件への推理のアプローチなど、監察医の見た“事情”が綴られる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
シティブックス
ページ数
372ページ
電子版発売日
2017年12月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ずっと死体と生きてきた のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年03月05日

    監察医だった人のエッセイ。監察医がどうやって死因を特定していくか分かる。監察医の仕事って探偵に近いんだな。死体だけでなく血痕の向き、現場の状況、生前の環境からも情報をつかんで死因を探る。著者の推理自慢がちょっといけすかないけどすごく興味深かった。法医学に興味を持つ医学生は増えてるけど依然として死体を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月22日

    死体と向き合う仕事というのは想像以上に大変で、それだけに、此の人の話は貴重である。
    このひとは3千体も解剖(検死だったっけ?)したそうだが、
    しかし、海堂あたる氏とのほとんど解剖されないとの事実と違うような気がするが、どこか誤認識があったかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    監察医の著者が、死体と事件現場の状況を照らし合わせたうえで推理をする。この本に載っている事件は、実際に著者が関わった事件で、誰もが知っている有名なものもある。事件の裏話なども聞けておもしろいのだが、しかしそればかり続きすぎて少々飽きてくる。しかし第一章の「自殺の真実」はおもしろい。美しい自殺などあり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年05月11日

    監察医の視点から見た、自殺と殺人、そして監察医に関してまとめた本です。
    偽装殺人のほとんどは法医学のプロであれば見抜けるみたいですね。監察医制度がきちんとしていない地方の場合、逆に偽装殺人は簡単になってしまう可能性もあるみたいです。
    何かおかしいなと思ったら、遺体の傷を確認したり、手続き上の書類が必...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ずっと死体と生きてきた に関連する特集・キャンペーン