辻邦生の検索結果

  • 春の戴冠-電子書籍
    通常版 1~4巻 648~756円 (税込)
    メディチ家の恩顧のもと、祭りに賑い、楽しげなはずむような気分に覆われた花の盛りのフィオレンツァ。「私」と幼なじみのサンドロ(のちのボッティチェルリ)は、この日々が過ぎゆく人生の春であることに...

    試し読み

    フォロー

    シリーズ一覧へ
  • 天草の雅歌-電子書籍
    通常版 1巻 756円 (税込)
    鎖国体制完成を目前にした江戸初期の長崎に、通辞として赴いた上田与志。役人としての確実な立身を望んでいたはずの彼は、いつしか、鎖国派と海外交易派の政争の渦に巻きこまれていく。混血の美女コルネリ...

    試し読み

    フォロー

  • ある生涯の七つの場所1-電子書籍
    通常版 1巻 648円 (税込)
    幼い心に異性への淡い憧れを芽生えさせて逝った美しい女性、異郷で謎の死を遂げる老亡命者――。独立した挿話はいつしか絡みあい、一枚のタピスリを織りあげてゆく。昭和初期から一九七〇年代まで、世界各地...

    試し読み

    フォロー

  • ある生涯の七つの場所2-電子書籍
    通常版 1巻 648円 (税込)
    孤独な少年の日々に垣間見た〈生〉の光と闇。青年の「私」が目撃する様々な男女の愛と裏切りと死。フランス人女性との甘美な愛の生活――。独立した挿話が現代史のモザイクを形づくる連作第二集。

    試し読み

    フォロー

  • 北の岬-電子書籍
    通常版 1巻 432円 (税込)
    日本に二年の歳月を待ちこがれる婚約者がいるにもかかわらず、パリからの帰途、修道女マリ・テレーズと運命的な邂逅をした留学生“私”の内面を通して、永遠の光に照らされた至純の愛への覚醒を描く表題作。...

    試し読み

    フォロー

  • 言葉の箱 小説を書くということ-電子書籍
    通常版 1巻 378円 (税込)
    小説の魅力、小説の言葉、小説とは何かについて平易に語り下した文学論。「物語を創り読む快楽は不滅である」とする信念に満ちた辻本人による最終的回答。

    試し読み

    フォロー

  • P+D BOOKS 廻廊にて-電子書籍
    通常版 1巻 540円 (税込)
    女流画家を通じ、“魂の内奥”の旅を描く。  異例の才能を持ちながら埋もれていった亡命ロシア人女流作家マリア・ヴァシレウスカヤ(マーシャ)の内的彷徨を描く辻邦生の処女長編作。  少女期に出会った...
    試し読み

    フォロー

  • P+D BOOKS 夏の砦-電子書籍
    通常版 1巻 702円 (税込)
    北欧で消息を絶った日本人女性の精神的彷徨。 織物工芸に打ち込んでいた支倉冬子は、一枚のタピスリに吸い寄せられ、魅惑されてしまう。ついにはヨーロッパに留学する決意までした冬子。だが、冬子は、あ...
    試し読み

    フォロー