【感想・ネタバレ】ライドンキング(4)のレビュー

書店員のおすすめ

この世の乗れるようなもの(生き物・機械)全てを乗りこなし、国家すらも乗りこなす武術・格闘技の達人であり、プルジア国民から絶大な支持を受けるプルジア共和国終身大統領アレクサンドル・プルチノフ。 
彼は、とどまる所を知らない自身の騎乗欲を持て余す日々を送っていた。
ある日、愛虎テムルにまたがり政務に向かう途中、テロリストの襲撃を受けてしまう。
難なく、テロリストを撃退するも、その衝撃に耐えきれずそばにあったプルチノフの像の頭部が崩落し、彼に直撃する。
その衝撃で気を失った彼が、目を覚ますと、そこは人間とモンスターが跋扈する異世界だった!
ワイバーンを始め、魔熊、魔狼、ケンタウロスなど様々な、プルチノフが騎乗したことがない乗り物(?)と遭遇する中、自分の欲を律し、よき指導者として民とモンスターを導く姿に心打たれる一作だ。

異世界すらも彼は乗りこなしてしまうのか!?

ユーザーレビュー

購入済み

ツッコミが追い付かない感じ

読み専 2020年04月25日

トラック転生に正面から打ち克つ大統領が異世界でバカンスするお話。

絵は長年空手漫画を連載していた作家さんなので安心して読めます。てれ

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ヒャッホウ成分

Q 2020年04月23日

何にでも乗りたくてウズウズする陛下。面白くって大好き!
でも話が進むごとにマジメな(?)統治系になって
この巻では乗りたいウズウズと乗ったヒャッホウの成分が足りない...泣

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

遂に魔族と……

ケーン 2021年01月08日

半馬の女騎士の誇り高き最期。そして舞台は魔族の支配する地、魔境へ……。
先鋒の魔族は大したことなかったが、敵地奥へ進むに連れて、今まで無敵に近かった大統領も苦戦しそうな勢い。ただ魔族の追手が大統領へと向かったので、プルチノフ村(国?)が安全そうなのは幸いです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

(匿名) 2020年10月08日

FFのチョコボのような
ボッチという鳥さんが大活躍する巻
山籠りで悟りを開き、必殺技を覚え
意気揚々と凱旋すると
ライバル竜が豪華キャンピングカーになり愕然
ホロリと泣けるシーンも…
ヒロインたちよりよっぽど目立ってる
にしてもライバル達のイメージ画像が酷いw

魔族のイキリ弟を連...続きを読むれ海底ダンジョンに
過保護な姉が追いかけてきて
門番たちとひと悶着
色々ありますが
もはやボッチしか思い出せない…

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

閣下、

O.sugi 2020年05月02日

我が道を行く!
いいねぇ、プルチノフさん。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月02日

#漫画 #ライドンキング #馬場康誌
会社の同僚に教えてもらって一気読み。ついでに、この漫画をロシア人の知人に教えたらバカウケしてました。まあ、笑うよね。プーチンだしね。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

もっとライドを…

watashi 2020年10月26日

世界観的には非常に重いけれど、主人公の人柄や随所に挟まるギャグ要素で
必要以上に暗く重くならず、一巻から相変わらず勢いがあって読み易い。

ただ、タイトルにする程、ライド、してますか?と言う点。
一巻から、ライドした動物(モンスター)の種類も多くなく、と言うか少なく、移動の為のライド、しかし...続きを読むていない気がする。
『ライドンキング』なのだから、もっと多種多様なモンスターに、心の赴くままに楽しむ為のライド、ライドの為のライド、をして欲しい。
現状では折角の設定が設定倒れで活きていない。
今は主人公達の状況が状況故に仕方無い所ではありますが、
落ち着いたら是非、ライドンキングたるに相応しい場面の数々の登場に期待したい。

このレビューは参考になりましたか?