【感想・ネタバレ】ライドンキング(5)のレビュー

書店員のおすすめ

この世の乗れるようなもの(生き物・機械)全てを乗りこなし、国家すらも乗りこなす武術・格闘技の達人であり、プルジア国民から絶大な支持を受けるプルジア共和国終身大統領アレクサンドル・プルチノフ。 
彼は、とどまる所を知らない自身の騎乗欲を持て余す日々を送っていた。
ある日、愛虎テムルにまたがり政務に向かう途中、テロリストの襲撃を受けてしまう。
難なく、テロリストを撃退するも、その衝撃に耐えきれずそばにあったプルチノフの像の頭部が崩落し、彼に直撃する。
その衝撃で気を失った彼が、目を覚ますと、そこは人間とモンスターが跋扈する異世界だった!
ワイバーンを始め、魔熊、魔狼、ケンタウロスなど様々な、プルチノフが騎乗したことがない乗り物(?)と遭遇する中、自分の欲を律し、よき指導者として民とモンスターを導く姿に心打たれる一作だ。

異世界すらも彼は乗りこなしてしまうのか!?

ユーザーレビュー

ネタバレ購入済み

おもしろい。

sui 2020年12月13日

ギャグなのか真面目なのかよく分からない漫画。問題解決も力技、ご都合主義。しかし主人公自体が見た目も含めてそんな感じなのでまぁいいか、と納得してしまう。
今巻のふふっと笑ってしまった場面は、ナマズの涙(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月13日

#漫画 #ライドンキング
今回はプルチノフがあまり活躍していなくて残念。まあダンジョンの中だから仕方ないかー。

このレビューは参考になりましたか?