【感想・ネタバレ】はじめアルゴリズム(1) のレビュー

値引き価格 0円 (税込) 3月5日まで
通常価格 660円 (税込)

書店員のおすすめ

私は数学が苦手です…むしろ算数の段階から既に苦手でした。「足す・引く・掛ける・割る」以外の内容はほぼ忘れました。というより結局理解できずに学生時代が終わりました。そんな私にも「もしかしたら数学ってすごく楽しくて素敵なものなのでは?」と思わせてくれるのがこの作品です。
本作は、ある離島で小学生・関口ハジメと老いた数学者・内田豊が出会って始まる、数学にまつわる人々と数学のお話です。感覚を共有するというのは非常に難しいものですが、ハジメが数式を書いたり何かを見出したりするシーンには、数字が人に見えるとか風を受けて空を飛ぶとか、共感覚的な何かを可視化させたような表現があって、学生の私にはついぞ知り得なかった数学の美しさを知る人たちが、そしてそれを今まで見えなかった世界を見るために使える人たちが、本当にいるのだとうらやましく思いました。しかし同時に、遠くへ行くための方法は人によって異なり、それは例えばダンスかも読書かも音楽かもしれなくて、そして必ずしもうまく行くとは限らなくても終わりはないのだと、この作品は教えてくれているようにも思うのです。数学に苦手意識を持っている方にぜひ読んでいただきたい作品です。

ユーザーレビュー

購入済み

hachimitsu 2020年02月23日

数学に魅入られた男の子のお話。内田の人生の希望の星となったはじめくんが今後どうなるのか楽しみ。単純に数学の小噺としても面白かった。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

「世界」を見つめる目

kouki 2018年05月16日

「世界を解き明かす」という純粋で強い好奇心が、数学の…いや学問の始まりだと思う。それを漫画という手段で、追体験させてくれる。数学と言うと「計算」「答えが一つで、あってないとダメ」「生活の役に立たない」とかボロクソ言われますが、そうじゃない。「数学」とは「世界」を表すもの、ということが分かる、素晴らし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月22日

数学が苦手な人でも、学びたくなっちゃう一冊。
夢に向かって進む少年の成長物語でもあり、親世代にとっては子供の背中を押し、離れて見守る子離れの話でもある。
ひなちゃんの「楽しいことが正解」って言葉に、グッときた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

数学はにがてだけど‥

himehimetiti 2019年11月22日

面白い❗
正直、数式だの計算だのちんぷんかんぷんだけど、それでも夢やロマンや音楽や絵画がハッキリ感じられた。

はじめの成長も楽しみ。

ひなちゃんの「楽しいことが正解」って言葉、グッと来た。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月27日

年老いた数学者・内田豊が廃校になっている母校(中学)の壁に残していた数式を完成させた者がいる。関口ハジメ、小5、世界を知りたい為だけに独学で数学にのめり込む少年。ウチダはハジメを故郷の離島から連れ出し、数学の世界へ導こうとする…数学の事なんぞ全く解らなくても、好きなものに集中するハジメの生き生きとし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月15日

【あらすじ】
老数学者・内田豊は出身地である米作島での講演後、ふらりと立ち寄った母校で数字と楽しく遊ぶ関口ハジメ(小5)に出会った。彼は独自の式や考えで、世界を解こうとしていた。雲の動き、木の枝の分かれ方、トンボの翅脈、自動車ナンバー、学級委員決め・・・。ハジメは見えない世界を数学で解き明かしたい。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月02日

著名な老数学者の内田は、学問の上で老いを感じ始めている。故郷の島の廃校となった母校の中学校で、若き日の自分が書き綴った数式が完成されているのを見つける。誰が解いたのか。驚く内田が見つけたのは、小5の少年ハジメだった。
世の中を数式でとらえて考えるハジメ。周囲の人たちは、その才能に気付いていないが、内...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?