【感想・ネタバレ】隠密 味見方同心(一) くじらの姿焼き騒動 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月11日

隠密のなかでも江戸の食べ物やさんを巡り、そこから犯罪を防止するお仕事を舞台にしたお話。

本当にこういった仕事があったのかはわからないけれど、アプローチは悪くないよね(笑)

軽い読み物だし、あっさりしているので、読みやすかったです。
少しずつ物語の設定がわかってくるのはお約束。

最後に容姿端麗、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月22日

一つひとつの事件は驚くような展開は無いものの、先を読み急がせるような面白さが全体にある。
人物が生き生きと描かれていると思う。
第二巻以降も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月02日

面白かった。一癖ある料理ネタ。本編に関係ない妖怪団子が一番食べたくなった(笑)
読みやすい。というか改行がめちゃくちゃ多い。ページを稼ぐためか?と思ってしまうレベル。そこそこ面白いのに勿体ない。
個人的な好みとしては、風呂敷が大きいのが好きじゃないので、今後追いかけるであろう敵が出てきてしまったのに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月14日

「味見方」なんて、風野さんらしい発想ですな。
シリーズ1作目の本書は、味見方同心に任命された月浦波之進が、謎の料理にからむ事件に挑んでいきます・・・が、ラストの急展開で、「今後どうすんの!?」という感じ。
続きが気になります!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月03日

シリーズ第一弾
腕利き同心・月浦波之進は奉行から直々に味見方同心に、背後に潜む食べ物に纏わる悪を摘発、抜け荷に係わる事件を摘発し虎の尾を踏み、暗殺されることに、初っ端から主人公の死?

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年08月02日

月浦波之進は、二枚目で、剣の腕も立ち、頭も切れるという三拍子揃った弱点の無い男だった。一方、彼には2歳年下の弟がいた。彼は、兄と比べて、すべてに劣る男だった。その兄弟に起こる突然のラストに、思わず絶句した。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月28日

201502/味見方同心という面白そうな設定でシリーズもの、というとこにひかれて手に取り、このラスト。伏線あったとはいえビックリ。適当に食をあたっていくと事件にあたるという流れなので、都合良い展開だけど面白かった。

このレビューは参考になりましたか?