【感想・ネタバレ】東京S黄尾探偵団 ローマの厄日のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

海外編再び。一国の中枢まで踏み込んで色々やらかしてくれます。
後半に漂うスピード感がとても好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

主人公・行衡のモトカノ、瑞穂が婚約したのは1国の王子様。そのため、彼女との婚約を嫌う反対勢力が嫌がらせをしてくるらしい。
彼女たちを守るため、彼らはパリなどでも無茶なことをやってくれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

君に捧げる花束にも登場した、瑞穂。彼女はスティラニ国の皇太子と婚約したのだが、探偵団に招待状が届く。うきうきと観光気分で出掛けたはいいが、そこである依頼をされてしまい――ギャグ調。(2002)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

S黄尾出張編。今度はローマ。
僕ちゃんのモトカノの為に、僕ちゃんが災難な目にあっていたり、僕ちゃんのモトカノが予想以上にすごいキャラクターだったり。……まぁ、逞しいのは既に分かっていましたが。そんなわけでローマで大暴れな感じの1冊。グローバル。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

これは友達に勧められて中学の図書室で借りた本。
中1〜中2の時かな?
かなりはまった。
読みやすいテンポだし、先が気になるんだよね。
でも最終巻は読んでない気がします。

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品レビュー