【感想・ネタバレ】マリエル・クララックの求愛【特典SS付】 のレビュー

書店員のおすすめ

クララック子爵家のご令嬢であるマリエルは、茶色の髪に茶色の瞳を持ち、これといった特徴がなく地味で目立たない18歳。眼鏡をかけていても存在感がないはずの彼女のところへ持ち込まれた縁談のお相手は、名門・フロベール伯爵家の嫡男で文武両道、王太子の覚えもめでたく、出世株の筆頭として令嬢たちの憧れの的である近衛騎士団副団長のシメオンだった。何もかもが格差だらけの婚約だけど、例え妬まれたって笑われたって馬鹿にされたってマリエルは平気です、何故なら彼を愛しているから…ではありません、彼には萌えが詰まっているから! 見た目は穏やかなのに腹黒系眼鏡美青年だなんて属性盛り過ぎ! でも、何を考えてこの縁談に乗ってきたのかは疑問しかない…んだけど萌えには勝てません!ということで成立したこの婚約から始まるお話は、テンポがよく、事件が起こって山あり谷あり、そしてマリエルの萌えがマシンガンのように語られます。何かを好きだと思う気持ちが誰かを好きだと思う気持ちに変わっていく様子がとてもわかりやすく書かれていて、素敵でした。ハイテンションな萌えトークに圧倒されたい方に、特におすすめしたい!

ユーザーレビュー

購入済み

王太子様不憫返上なるか?!

fufu 2019年12月02日

今回はマリエルの活躍は少なかったけど、ラブラブが多めで、ニマニマしてしまった。
また、王太子殿下が奮闘し、不憫返上が確定となりそうで、めでたい❗
その裏で蠢く陰謀は次巻以降、また大きな問題に発展しそうで楽しみであり、待ち遠しい!

このレビューは参考になりましたか?