【感想・ネタバレ】翼の帰る処 番外編 (2) ―ことば使いと笑わない小鬼―のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年05月20日

この作者さんの文章は、水のようにすらすらと読め、言葉が脳のフィルターに引っかかることなく、直接映像が脳内に描かれる感覚で楽しめる。毎回楽しみにしている。
「ことば使いと笑わない小鬼」
ファルバーンの視点でのお話。やりたいこととか、目標とか目的とか、そもそも自分自身を見失ったような、かといって悲観的に...続きを読むなるわけでもなく淡々とした状態のファルバーンが、指示を受けて言われるがままに地下迷宮での調査に向かう。伝達官と皇女とアルサール(と鳥)と過ごすことで、なにかを取り戻す、あるいは得る、お話。ファルバーンは登場人物の中でも好きなキャラクターで、今回彼の思考を知ることができたのは良かった。
「ヘルムデル先生の帽子」
キーナンの学園生活を、彼の手紙の下書きをたよりに描かれている。キーナンの独白は楽しく(ヤエトのそれに似てるな)、新キャラである友人たちとのかけあいは楽しい。厳格なヘルムデル先生との関係の着地点がとてもいいな、と思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月17日

本編の主人公であるヤエトといいこの本で中心であったファルバーンといい、わりと感情の起伏がない人が中心部に据えられていると、周囲の感情の動きが眩しく感じられて、個人的には感情の起伏が少ない方に引き摺られがちだと気付かされた一冊。それぞれの感情の動きと、そこに絡む周りの人達の交流が心地良かった。
あと若...続きを読む様にヤエトの想いが受け継がれていく様子が思い浮かぶようでとてもよかった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年05月10日

番外編第二弾。
今回、ファルバーンの短編、キーナンの学舎生活、そして本編終了後のヤエト先生の短編。どれも楽しく読ませていただきました。
ファルバーンがヤエト先生に微妙に似てることも新たな発見でしたが、伝達官が、確かにルーギンっぽい(表紙もあのエセ爽やか笑顔が・・・失礼)。皆さん皇女に振り回されて大変...続きを読むね、と微笑ましく思いました。
キーナンの学舎生活も、「おお、この子、ご隠居とは違う感じの大物になりそう」な感じで、将来楽しみです。
ヤエト視点の短編、皆さん、先生のことを大好きですよね。皇妹がこの場にいたら、ヤエト先生はまたダウンしちゃってたんじゃないだろうか。
皇女の切り開く未来に、ヤエトがずっと付き添っていけるといいな、と。
そして、物語は終わっているけど、彼らの続きが読みたーい、と思いました。

このレビューは参考になりましたか?