【感想・ネタバレ】翼の帰る処 (上)のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

10巻読了、もう一度読みます

バブルようせい 2020年09月20日

10巻一気読みしたので、物語の世界へ、しばらく行ってくることが出来ました。
活字を読み慣れた方には、お勧めです。
一見地味に見えますが、壮大なファンタジーです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月30日

新装版で再読。
名前を呼ばれて楽しげに答える皇女が可愛い。
最初の頃からヤエトと皇女のやりとりが軽快で面白いな~。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月07日

ヒロインとの年の差2倍の隠居願望主人公による、本格ファンタジー。以前から新書で展開していたシリーズだけれど、レーベルが休止状態になって単行本で再スタート。書き下ろし短編やカットが掲載されているということで、お布施半分、泣く泣く再購入。ついでにあらためて読み直してみたけれど、面白いね。やっぱり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月13日

「過去を視る」力を持つ帝国の史官・ヤエト。病弱で30歳までもたないだろうと言われつつも36歳になる彼は、左遷とも言える状況を喜び、赴任先の北嶺で地味な隠居生活を送ることを夢見ていた。しかし、政治に疎い北嶺の民に悩まされ、さらには北嶺に太守として来た勝ち気な皇女に振り回され休まる間もない。おまけに皇妹...続きを読むまでがやってきて、苦労ばかり背負い込むヤエト。だが、北嶺を知るにつれ、ヤエトはこの地に帝国の秘密が眠ることに気づいていく・・・。歴史の光陰が織りなす壮大なるファンタジーロマンの扉がいま開かれる――。

新装版に伴い全部読み返しました。レビューもこっちにお引越し。
ジャンルとしては歴史ファンタジーっぽい。冴えない三十路過ぎの男が主人公なんですが、イラストのせいもあるのか言葉では表せない魅力があります。それにしても隠居が夢というここまでやる気のない男が中心というのも珍しい(笑)気の強い皇女さまは最初こりゃ嫌な性格だなーと思いましたが、上に立つ者として最低限の資格はあるなと思い後半見直しました。意外と弱いところもあって、そこはやっぱり女の子。しかし、やたら変なところで鋭いヤエト。気づいてないのがなおさら・・・。皇女さまからしっかり信頼されてるようですが、今後恋愛フラグ立つのかなあ。

このレビューは参考になりましたか?