【感想・ネタバレ】波乱 百万石の留守居役(一) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年11月19日

外様第一の加賀藩。筆頭家老の本多政長は大名をしのぐ五万石を誇る。幕府の実権は、病弱な四代将軍家綱に代わり、大老酒井忠勝ら老中が握っていた。
権勢維持と 御家騒動誘発を狙い、酒井は外様の加賀藩主綱紀に次期将軍の白羽の矢を当てる。藩論は真っ二つ。混乱の中、江戸藩邸に向かうことになった藩士瀬能数 馬は、本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月31日

徳川4代から5代への代替りの時期に蠢く陰謀に巻き込まれた、加賀潘の瀬能数馬。加賀潘を守るため、頭と剣の腕で立ち向かう。
史実と物語がうまい具合に混ざっており、どこからが物語なのかよくわからないくらい。まだ加賀をたったばかりで江戸さえ見えていないが、面白くなりそう。しかし、上田さんの本の主人公はいつも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月07日

シリーズ第一弾
五代将軍の座お巡る駆け引きに巻き込まれた加賀藩、藩内の不穏分子を炙り出す策謀に偶然巻き込まれた珠姫お付きで加賀藩士になった瀬能数馬の登場

このレビューは参考になりましたか?