水瀬葉月のレビュー一覧

  • C3 -シーキューブ- XI
    今回は、新学年になったフィアたちにさっそく降りかかった事件の話です。

    クラス替えでは、フィア、春亮、錐霞ばかりでなく、このはや白穂、ン・イゾイーたちも同じクラスになります。千早も大秋高校の1年生として入学し、伍鈴たちはサヴェレンティたちとともに高校で理事長のお手伝いをすることに決まって、フィアたち...続きを読む
  • C3 -シーキューブ- XII
    春亮たちは修学旅行で、奈良・京都方面へと向かうことになります。そんな彼らが、京都の料理屋で働く、ビブオーリオ家族会の母・アリス・ビブオーリオ・バスクリッハと二階堂クルリに再会します。

    彼らは、情報家の男からインダルジェンス・ディスクを受け取ることになっており、それと引き換えに、研究室長国に囚われて...続きを読む
  • C3 -シーキューブ- X
    今回はバレンタインのエピソードです。フィア、このは、錐霞の3人は、春亮にどんなチョコレートを贈ろうかと悩みます。

    一方学園では、研究室長国の日村素直が復帰することになります。しかも、第1巻で死んだはずの「マミーメーカー」ことアマンダ・カーロットが、日村によって保護されていたことが明らかになります。...続きを読む
  • C3 -シーキューブ- V
    前巻の体育祭に続いて今回は文化祭と、イベント関連が続きます。

    春亮のクラスメイトの伯途泰造(はくと・たいぞう)の尽力のおかげで、このはが属する4組と合同で「ナース喫茶《癒し病棟1314号室》」に出し物が決定し、フィア、このは、錐霞たちはナースのコスプレで参加することに。

    ところが、錐霞の兄にして...続きを読む
  • C3 -シーキューブ- VIII
    今回はクリスマス。というわけで、フィアたちはサンタ・コスに身を包んで、商店街のケーキ屋でバイトに励むことになります。

    そんな浮かれた気分も長く続きません。フィアたちは、瀕死の状態で倒れている研究室長国のン・イゾイーを発見します。やがて回復したン・イゾイーは、闇曲拍明の指令で学園理事長の世界橋ガブリ...続きを読む
  • C3 -シーキューブ- VI
    フィアたちと錐霞、さらに白穂とサヴェレンティが春亮の家にやって来て、期末テスに向けてお勉強会を開催します。そこへ、理事長の指示を受けた春亮たちのクラスの副担任・潰道忌(かいどう・いみ)先生が、スコップ片手にお勉強会の監督にやってきます。呪われた道具のせいで妹を失った先生は、フィアたちと打ち解けること...続きを読む
  • C3 -シーキューブ-
    主人公・夜知春亮(やち・はるあき)のもとに、海外の父・崩夏(ほなつ)から黒い立方体が届けられてきました。その物体は、銀髪の少女へと姿を変えます。

    彼女の名はフィアです。異端審問期に開発された、32の拷問具処刑器具に変形する《箱型の恐禍》(フィア・イン・キューブ)だった彼女は、多くの人間によって呪詛...続きを読む
  • C3 -シーキューブ- II
    春亮の家に制服が届けられ、フィアは春亮らとともに学校に通うことになります。ところが彼らは、崩夏の知人で学校の理事長を務める世界橋ガブリエルから、最近彼のもとに届けられた呪われた人形の話を聞かされます。ともあれ人形を見てみようと、人形が収められていたトランクを開けると、なぜか中は空っぽでした。そしてそ...続きを読む
  • C3 -シーキューブ- III
    ある日、何かの気配を感じてフィアが天井を見上げると、そこには長い黒髪の幼女の姿がありました。彼女は人形原黒絵という名で、春亮のもとで完全に呪いを説くことに成功し、現在は近所の商店街で美容室「壇ノ浦」を営んでいる幼女です。

    やがて、彼女は放浪の旅を終えて春亮のもとに帰ってきたことが判明します。彼女が...続きを読む
  • ぼくと魔女式アポカリプス
    やや過激なグロ描写を含む、ダークな雰囲気の魔法少女ものです。

    主人公の宵本澪(よいもと・れい)は、同級生の砧川冥子が魔法少女だという秘密を知ることになります。彼女は、帽子に宿った魔女(ウィッチ)アヴェイラーズ・ウルリッヒの「代替魔術師」(ポステリオルマギス)として、「闇滓」と呼ばれるエネルギーを集...続きを読む
  • ぼくと魔女式アポカリプス2 Cradle Elves Type
    澪と冥子の暮らす町に、蘭乱爛崎寝々(らんらんらんざき・ねね)という名前の代替魔術師がやってきます。「正義の味方」を称する彼女は、冥子やレンテンシアを悪と決め付け、「正殺」すると宣告し、戦いが始まります。一時は寝々の攻撃を防ぐことに成功しますが、冥子が幼女の姿に変えられてしまいます。

    一方、寝々から...続きを読む
  • ぼくと魔女式アポカリプス3 Nightmare Crimson Form
    レンテンシアの死という犠牲を払って寝々を倒すことに成功した澪たちですが、そこにとつぜん人影が現われて、根源闇滓を奪っていきます。しかし澪は、人影の正体に気づいていました。驚いたことに、それは彼の友人の機波草太(きなみ・そうた)だったのです。

    さらに、寝々のバイト先だった中華料理屋「殺々軒」の店長を...続きを読む
  • C3 -シーキューブ-
    ラブコメメインなのかと思ったら、割とグロ描写の多い作品だった。絵がかわいいだけにギャップに驚いた。

    妖刀と拷問器具がヒロインなのに加え、日常シーンが足りていなかったのでキャラクターに愛着を抱きにくい。今後の内容次第か。
  • C3-シーキューブ-(1)
    同名のコミカライズ。

    絵的には原作っぽい可愛らしい感じ。やや線が多いがそれほど気にはならない。ちゃんとサービスシーンもあります。
  • 藍坂素敵な症候群
    途中までは、男主人公のハーレム系高校生活だと思ってなめていた。藍坂素敵の隠れていた顔が見えてシリアスになってきてから、面白くなった。とは言うものの、やっぱり女の子とのコメディ部分は合わないです。続刊は出たのかな?
  • C3 -シーキューブ-
    個人的に、非常に読みづらい文章でした。なんでしょう、、ルビを振った単語が多いからでしょうか・・・。
    物語は面白くないわけではないですが、特別おもしろいとも思いませんでした。
    まあ、一巻だけの状態であれこれ言っても仕方ないですし、読み進めていきます。
  • C3 -シーキューブ-
    C0193 拷問・処刑具の美少女擬人化という以外は、いわゆるライトノベル・フォーマットです。アイアンメイデンくらいはわかるのですが、あとは形状が浮かびません。この程度は、調べろなのか常識なのか。イラスト解説くらいはあってもいいと思いました。
  • C3 -シーキューブ- XI
    パッと出てきたキャラが一般人であることなどそうはない。ということは大抵誰にでも予想できる。更にそこに新入生が妖しいとかいう話が加われば完璧に。
    だがまあ、ああいうことだとは思わなかった。
    やっぱり呪具に関わる組織は分からん連中が多い。
  • ぼくと魔女式アポカリプス2 Cradle Elves Type
    何かぐずぐずした、女々しい話になりました。
     1巻の話を引きずって、2巻ではもっと落ち込み、それにより覚悟の意思が強くなってきています。
  • ぼくと魔女式アポカリプス
    ちょっと重いかな。
     出だしは飛ばしているので、ごちゃごちゃしていますが、だんだんと地が出てシンプルになってきます。

     最後のまとめ方がダークな感じです。