姫野百合のレビュー一覧

  • 銀の王子と琥珀の姫
    ストーリーもイラストもすごくいい!
    スピンオフの話はあんまりすきじゃなかったけど、こちらの作品は読み返したくなるほど好きです。
    ヒロインが明るくてサバサバしてて
    好感が持てる。
    ヒーローも実は嫉妬深いところがあったりしてヒロイン溺愛な感じが見ててほっこりしました。
  • 後宮夢譚 風を呼ぶ花嫁
    読み応えのある作品でした。
    ジャンル的にはラノベ、歴史ファンタジーだと思うのですが、歴史小説といっても良いくらい、迫力もあったし、きっちりと描き込まれていました。

    主人公の美麗と皇帝の龍鵬のキャラも好感度が高いです。二人の前向きで潔く清廉な人柄が余計に作品の好感度を上げているように思えました。
    ...続きを読む
  • 後宮夢譚 風を呼ぶ花嫁
    ジャケでは買おうか迷う段階だったのですが
    書物という言葉が出てきたので思わず買いました。
    正解でした。
    すごく、よく物語を作ってあって惹きこまれました。
    美麗が聡明であることも好感が持てましたが
    龍さまが包容力があってステキ。
    龍さまを全力で支える青文さまもステキ。
    エロが前面に出ておらず
    ふたりが...続きを読む
  • 銀の王子と琥珀の姫
    大好きなちぎり先生のイラストだったので思わず購入。
    物語自体は王道です!王道だからこその良さ!
    ジークフリートはかっこいいのに可愛い!
    エルウィンは可愛い!
    キャラクターに全く嫌味が無くてむしろ可愛いくて楽しめました。
    エロ有ですが、必要最低限といった程度なので自分には丁度良かったです。
    表紙はさる...続きを読む
  • 黒の将軍と東の塔の魔女

    ジェインアンクレンツ作品

    に出てきそうなキャラクターたち。
    普通からちょっと配線が変わっただけて、家族から世から排除され苦労を強いられている。
    変わり者同士が欠けた部分を補うかのように2人は歩み寄っていきます。
    ヒーローが好み。
    野獣系のような表現をされてますが、懐が大きくて強くて優しい男でたまりませんね。全く野獣で...続きを読む
  • 「もう一度、奪って」 千夜の愛を王子は貪る
    こういう文庫では珍しく、最初から子供ができています。けど、それがセラフィーナを芯の強い、大人の女性にしていた感じがしました。

    奴隷と一夜だけ関係を持ったのが大当たりで、それを隠して出産。自分の国を奪った隣国の王エセルバートが自分を手に入れたけど、それをひた隠しにしています。

    ただ、セラフィーナを...続きを読む
  • 銀の王子と琥珀の姫

    イラストが素敵です

    最初はどうなるかと思いましたが…銀の王子素敵でした。腹黒王子素敵です
  • 黒の将軍と東の塔の魔女
    絵師買い。
    正直、文章なんて飾りですよwwうはwwって気持ちで買ったが、丁寧でわかりやすく、さくさく読めた。
    展開については可も無く不可もなく。
    地雷ではない、がオヌヌメするほどでもなし。
  • 銀の王子と琥珀の姫
    あまり期待しないで読んだけど、意外に面白かった!
    でも、レオニダス、出て来ただけだったので、もう少し波乱があってもよかったかなぁ。
  • 銀の王子と琥珀の姫
    ハズレが多いマリーローズ文庫ですけど、イラストも内容もよかったです。

    人物紹介のところでは、登場人物の名前しかなくて、ヒロインのエルウィンが昔出会った少年は黒髪だから、レオニダスの方かな?って思ってましたけど、途中から、あれ?ジークフリートの方が少年っぽい感じがするってなって、後半は確信できました...続きを読む
  • マフィアの花嫁 ~オレンジの花をきみに~
    ここまで言語に頼らないカップルもめずらしいですね。イタリア人×日本人もの。
    主人公2人は最後まで直接の会話はできないから全て表情と態度でのコミュニケーションなんですよね。
    ウノさんが美味しいなぁ。
  • 黒の将軍と東の塔の魔女
    先にこちらを読んでしまったのですが
    前作の銀の王子から読めば良かったなって思いました。
    両方読んでみて、私は銀の王子の方が
    内容的に好きでした。

    ヒロインがあんまり可愛くない(性格的に)

    あとストーリーで、レオニダスがあっさり毒を盛られてしまうところはちょっと油断し過ぎで腑に落ちない。さらに、そ...続きを読む
  • 後宮の舞姫  ~太子さまの花嫁選び~

    でもでも

    両親とは死に別れても恵まれた環境にいる割に、でもでもわたしなんか…な主人公。
    好きだからというだけで、真夜中によく知らない男性に会いに行く貞操観念の低さもどうかと思うし(口では自分をはしたないと言ってるが行動が伴っていない。)全く魅力を感じ無い主人公だった。

    親しい人達には無条件で愛され、
    ...続きを読む
  • 溺愛マリアージュ いじわる皇帝の甘いたくらみ【イラスト付】

    アホな子ほど

    可愛いとはいいますが、
    まさにこのヒロインはどうしようもないくらいにおバカちゃんです。
    姫野作品に出てくるお嬢様方は、頑張り屋でしっかりした女の子が多かったので、今回は単に甘やかされた子供(精神年齢的に)だったのが意外でした。
    しかし読んでいてイライラさせられないのは、姫野氏の手腕ですね。
    ...続きを読む
  • 黒の将軍と東の塔の魔女

    二番目の女の子の物語

    イラストに惹かれて読みましたが普通に面白かったです。
    魔女、ハーブ、本好きなどのモチーフもいいですね。ヒロインがそこそこ聡いのも好感触。
    しかしスピンオフということで本命はあくまで前作ヒロイン。ヒーローが俺様系なのに大人しかったのはそのせいでしょうか。
    甘いシーンも少なく、児童文学のような可愛...続きを読む
  • コートダジュールは甘い恋の香り
    この手のお話にしては珍しく、1950年代の実在のリゾート地でのお話。

    厳格な父にお見合いを設定され、それに反発して、母の遺言を守ろうと家出をするレベッカお嬢様。

    婚約者レイノルズ=アッシュというのは、最初から分かりましたし、母の遺言の相手が実は父では?っていうのも、なんとなく予想が付いたので、そ...続きを読む
  • 後宮庭園        ~秘密の恋は皇帝陛下と~
    失踪した弟の代わりに官吏として出仕することにした李玲。男装して家族の代わりに仕事をして、そのうち皇帝陛下に寵愛されるっていう設定はよくありますけど、それほど大きな陰謀というものもなく、普通かな?って思いました。

    水浴びしているところを皇帝が見つけて、そのまま離宮に連れて行かれて・・・・ってところで...続きを読む
  • 黒の将軍と東の塔の魔女
    前作「銀の王子と琥珀の姫」に出てきていたレオニダスのお話。前作のジークフリートとエルウィンも出てきてて、すでに子持ちでした。

    レオニダスはあらすじにあるような獰猛な男ではなく、アレクサンドラに対して意外と真面目で、Hシーンはあっさりでした。

    ただ、アレクサンドラの言葉遣いが妙に気になりました。丁...続きを読む
  • 黒の将軍と東の塔の魔女
    いや、あらすじから想像していたよりも存外普通でして。
    もっと野獣なのかと思っていたら、野獣と言うよりワンコでしたよ? 
    これは逆の意味でのあらすじ詐欺。
  • うそつきと恋と銃弾
     御堂グループの若き総帥・御堂海里は、幼いころから御堂グループのトップに立つためだけに、育てられてきた。
     そして、御堂グループのトップに立った今、海里は会社を大きくするためだけに、まるで人形のように正確に自分の役割をこなしてきた。
     そんな時、某国のリゾート開発をめぐり、海里は命を狙われることにな...続きを読む