「もう一度、奪って」 千夜の愛を王子は貪る

「もう一度、奪って」 千夜の愛を王子は貪る

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

虜囚となったセラフィーナ姫の眼前にいる敵国の王子は、かつて自分に仕えながらも純潔を捧げた使用人。以前と別人のような冷たさ。変わらないのは銀の髪、精悍な顔立ち、熱い眼差し。今も私はあなたが好き。彼は……?「あの夜みたいに抱かれたいのか」強引に身体を奪われ高まる葛藤。切ない交わりを重ね、ふと垣間見せる優しさに彼の本心が。ずっと私だけを想い続けてくれたの?

カテゴリ
TL
ジャンル
TL小説
出版社
プランタン出版
掲載誌・レーベル
ティアラ文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2014年06月13日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
6MB

「もう一度、奪って」 千夜の愛を王子は貪る のユーザーレビュー

    購入済み

    なかなか良かった

    (匿名) 2020年06月27日

    自分の国を討ちとった王は、束の間少女時代に一緒に過ごした奴隷の少年だった…。たまに見るストーリー展開だが、なかなか読み応えがあった。恋愛としての甘さはあまりなかったが、家族愛や親子愛など、深い愛情を感じる物語だった。最後の、親子が犬と一緒に遊ぶシーンは幸せな未来が想像できて良かった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年07月15日

    こういう文庫では珍しく、最初から子供ができています。けど、それがセラフィーナを芯の強い、大人の女性にしていた感じがしました。

    奴隷と一夜だけ関係を持ったのが大当たりで、それを隠して出産。自分の国を奪った隣国の王エセルバートが自分を手に入れたけど、それをひた隠しにしています。

    ただ、セラフィーナを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています