吉田豪のレビュー一覧

  • 書評の星座 吉田豪の格闘技本メッタ斬り2005-2019
     8月から読み始めてようやく読み終えたので2か月ちょっと掛かった。夏だったのがすっかり秋だ。かつて本屋さんで見かけていたけどあまりの分厚さで手を出さずにいた小島一志さんの空手本は、本当に読まなくてよかった。吉田さんに読んでもらってよかったとしか思えない。150冊近く紹介された本の中で読んだことがあっ...続きを読む
  • 書評の星座 吉田豪の格闘技本メッタ斬り2005-2019
    あんなに大好きだったプロレス語りにのめり込めなくなったのは週刊ファイトが廃刊になった辺りから。それが2006年なので、2005年から去年までのプロレス本、格闘技本についての書評をまとめたこの本は、自分がどんどんプロレスから離れながら、でもついつい気になっている、そんな時間を思い出させてくれました。こ...続きを読む
  • 続 聞き出す力
    おもしろかった!
    私にとって吉田豪さんは信頼できる書き手。
    強烈なプロ意識が面白い文章を支えている。
    南波一海さんの話がよかった。
    南波さんについては知らなかったが、「代打屋トーゴー」のたかもちげんさんの息子さんの話だった。たかもちげんさんが亡くなった当時、ビッグコミックで連載されていたMEDICA...続きを読む
  • 帰ってきた人間コク宝
    22人のノンジャンルで濃厚な人物をプロ・インタビュアー吉田豪が深掘りする対談集。自分の興味の対象外だった人物も一気に内面に切り込むスタイルで引き込まれ、十分抉りだされたはずなのに最後には自分でもその人をディグ(掘る)したくなる。それまでもやもやと思いながらもハッキリと形を結ばなかった数々の「感情」を...続きを読む
  • 聞き出す力
    吉田豪さんのインタビューのコツやエピソードが公開されている。
    阿川佐和子さんとの対談も収録されていて楽しい。
  • 聞き出す力
    多くのディープな人をインタビューしてきた吉田豪が、その経験をもとに書いたインタビュー術。一応「インタビュー術」らしい見出しはついているけれども、実際はインタビューの裏話といったところか。ともあれ内容は面白いし、そこから何かしらの教訓は読み取れると思う。たとえばこんなところ。

    ◼️p40 ボクはむし...続きを読む
  • 聞き出す力
    吉田豪氏の人間観はリスペクトに値する。

    人間肯定だよね。とりあえず受け止める。

    自分の考えと違う…それを拒絶しない。とりあえず受け止めて、それを楽しむ。

    それこそが吉田豪の人間への姿勢だ。
    そんな風に人と繋がれたら世界はもっともっと面白くなる。
  • 聞き出す力
    とにかく面白い!タメになる話は本当に少しだけ!しかし吉田豪初心者には優しい本だと思うもう一周読みたい
  • 聞き出す力
    「聞き出す力」云々よりも、芸能人の面白エピソード集として楽しんだ。
    エピソード集刊行してくれないかなー。
  • 聞き出す力
    相手から聞きたいことを如何に聞き出すか、それをカテゴリ毎に、著者の実例や数多の小ネタ・ウンチクを踏まえて纏めている。実用的なインタビュー指南書とするにはハードルが高すぎるが、対人とのコミュニケーションの為にそなえたウコン的役割は果たしてくれるであろう。読む人を選ばず身になる良書。
  • 書評の星座 吉田豪の格闘技本メッタ斬り2005-2019
    ゴン格による吉田豪の書評のレビュー集。
    2005年から2019年までなので何せ長い。

    ・プロレス界・格闘技界の裏ネタは面白い。それ以外はわからず。
    ・須藤元気の本がやたらと多かった。
    ・大谷showに手厳しいのは紙プロの頃から変わらず。
  • 聞き出す力
    プロインタビュアー吉田豪がどんな人なのか知るには丁度いい一冊。豪さんがどんな人かある程度知っている人が読むとめちゃめちゃ面白いと思う。自分もそのひとり。そもそもプロインタビュアーとは?…という人でも読後にはきっとその肩書きの意味を理解できるだろう。これまでにインタビューしてきた多数の有名人の秀逸なエ...続きを読む
  • 帰ってきた人間コク宝
     すさんだ地下アイドルや更に下にあるという地底アイドルと物騒なラッパーとちょっと前の平和な漫画家インタビューが重なり合っていて濃厚だった。すぎむらしんいちさんが長谷川和彦監督の連合赤軍を漫画にしていた可能性があったことに歴史のifを感じる。西田藍さんが宮台真司さんをうざくてきもいと断じているところに...続きを読む
  • 聞き出す力
    漫画雑誌の連載をまとめたもの。連載サイズのインタビューにまつわるあれこれが書かれてある。その方法というより、具体的な雰囲気や流れがよくわかる。各テーマが面白いエピソードの形で紹介されてありテーマより具体的なエピソードの印象が残る。しかし、その方が前後の流れがわかって他にはないものになっているような気...続きを読む
  • 続 聞き出す力
    プロインタビュアーの吉田豪が、文字通りインタビュアーとして『聞き出す力』を綴った本の第二弾。

    前回と同様、実際の芸能人のインタビューの際の裏話が豊富なので、単純にそれだけでも楽しめるし、一歩踏み込んで彼のインタビューという仕事に対するスタンスもよくわかる。
    誰もが彼のように相手の懐に踏み込むのは難...続きを読む
  • 続 聞き出す力
    切れ味するどいインタビューを連発する、吉田さんによるほんとに役に立つ「聞く力」本です。

    独特の語り口で、でも取り上げている内容は、カウンセリングの教科書かと思うほど核心をついています。

    あくまでも自分の型を持つこと、そして、相手のコンディションを考え、面白さを優先して相手の発言を曲げたりしないよ...続きを読む
  • 聞き出す力
    エンタテイメントとして面白い。
    聞き出すためのもろもろの術についても参考になるけど、そんな「役に立てよう」なんてケチな了見がふっとぶくらい、単に先が読みたくなってもりもり読んじゃう。「プロインタビュアー」恐るべし。
  • 聞き出す力
    阿川佐和子さんの『聞く力』に乗っかって、大きく売り出されていたけど、そんなに目新しい内容はなかった。わたしは阿川さんのほうが穏やかで好きやなぁ。
  • 聞き出す力
    文句なしで面白い吉田豪のインタビュー論。この人のインタビューは確かに面白いと思うのだが、それ以上に文体が最高。実は随分と前に一度だけ仕事をさせてもらったことがあるのですが、本当にインタビューのプロだったし、本当に面白かったのです。
  • 聞き出す力
    201504/面白かった!でもこれ吉田豪ちゃんならではだから、安易に真似すると距離感間違えてる人になっちゃうからチューイ。これきっかけで興味持った人にはBAND LIFE(ミュージシャンのインタビュー集)おすすめ。