福島文二郎のレビュー一覧

  • コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
    ディズニーのような大きな事業をやっているところでも、人の教育というのは理論だけではなく、基本的な思いやりや自信などが欠かせない。
    しかし、それをすることが難しい。ディズニーはそれを徹底し、アルバイトにも仕事を任せ、向上心を付けることで全員がプロ意識になっていると感じた。
  • コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
    ホスピタリティ・マインドの話。
    この本は良かった。後輩指導や同僚との接し方など仕事でも使える。

    一番心に残ったのは「人は、自分が扱われたように人を扱う」という言葉。

    ちなみに、カストーディアル(清掃係)が1番人気のキャストとは知らなかった。
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    深く考えさせられる内容だった。
    ・ウォルトディズニーの哲学
    ・従業員満足度(ES)が低ければ顧客満足度(CS)を高めることができない
    ・ホスピタリティとサービスの違い…
    ホスピタリティ=ホスピス。直訳だと「客を保護する」ホスピタリティマインドはおもてなしの心。だけど、『相手に対する主体的な思いやり』...続きを読む
  • 9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー
    チーム力、組織力こそが企業の強さ

    部下との関わり合いについてメインでまとめられており、短文型簡潔に書かれている。読みやすい。

    事例を元に説明があるので内容も入ってきやすい。
    シンプルだが重要なポイントがまとまっている。
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    さすがディズニー。でもこの「さすが」は小さなことの積み重ねなんだろうなぁと思う。アトラクションの身長制限の話はほぉーって思った。

    できない、ではなく、何ができるかを考える
    顧客満足度の前に、従業員満足度を上げる
    自主性を規制しすぎると働きがいを失う

    まずは自分から。

    働きたくなる。

    自分も予...続きを読む
  • 9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方
    ・後輩に指示を出すときは必ず理由を一緒に伝える。
    そうすることで後輩が納得し、モチベーションが高まる。
    ・フィードバックを大切にする
    ・仕事に誇りを持つ
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    東日本大震災でのキャストのTDRでの対応、

    連日TVでも取り上げられ、本当に大切なものは何か、自分がその場にいたら

    何ができたか。

    ホスピタリティ→お客様に対する主体的思いやり
            自ら相手の気持ちになって、相手の立場に立って、ともに考えてあげられる気持ち、心

    サービス→義務的な...続きを読む
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    同じ著者の前著『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方』と基本的には同じですね。

    でも、こういうことは、大切でありながらも意外と忘れがちなので、似たような内容ではありますが、間を空けて読むことに意味があると思います。

    この本を読んで、改めて自分が勤めている会社のことを振り返...続きを読む
  • 9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方
    給料にも地位にも依らず研鑽を重ねる人材。
    教育制度よりも職場環境が圧倒的に重要。
    環境を作るには当たり前のことを当たり前にやり続けるだけ。
  • 9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー
    9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー
    2014/6/24 著:福島 文二郎

    著者は1983年に第1期の正社員としてオリエンタルランドに入社、人事部ユニバーシティ課、㈱イクスピアリの総務部人事課等、社員教育畑を経て、商品企画室に配属。2007年の退社までディズニーの研修を100...続きを読む
  • コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
    人に何かを教える(伝える)時に、自分の都合ではなく相手の気持ちになる。
    目先の結果より長い目で見ることが結果的には近道になる。
    やりたくないと思われる仕事には、仕事の意味ややりがいを伝えることが重要。
  • 9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方
    チャプター2の感動してこそ後輩は先輩を信じるの内容は、どういう人間が信頼されるか、それはなぜかという内容。私たちは人と関わらずには生きていけない。だから、人から信頼される人間になることは、気持ちよく生きていくことにつながる。人を評価するときに、ベストを尽くしたことや、頑張りが、結果に結びついたことを...続きを読む
  • コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
    ディズニーのホスピタリティを中心に書かれたもの。

    人を育てるには、まず自分から。
    自らの姿で人を育てる。そして、共通の理念のもとに、行動の優先順位を決め行動。
    こうした理念を共有するために、何が大事なのか、何を目指すのかを、その人の気持ちになって、時間・場所なども考慮し、伝えていく。
    お客様にこう...続きを読む
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    ホスピタリティーとサービスの違い。
    これをはっきり意識できれば、教師としてのあり方も変わってくると思った。
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    ホスピタリティは思いやり、
    サービスは義務的というのはなるほど。
    スマートな対応よりも、
    一生懸命な方が伝わりやすい。
    笑顔、挨拶、アイコンタクト
    言葉、話し方、ボディランゲージ

    ディズニーの行動指針
    ①安全性②礼儀正しさ③ショー④効率
    常に自分なりを求められるって
    大変だなぁと思ってしまいます(...続きを読む
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    2014-11
    ホスピタリティマインドとは。
    要するにおもてなしの心。
    相手のために何か出来るかを自主的に考えて行動すること。
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    ディズニーランドの素晴らしさはそこで働く人の徹底したホスピタリティーなんだと分かりました。どうしてそこまでできるのか、実際のエピソードなどを交え分かりやすく解説されています。
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    ディズニーのキャストの教育についての第2段。

    本作はホスピタリティ(おもてなし、思いやり)について
    バイトが学び実践していることを実際の例を交えながら
    紹介しています。

    色々書かれていますが、
    ビジネスや人間関係においても
    ホスピタリティを高める・重視することで
    うまく物事が進むと...続きを読む
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    技術研修に行った際に紹介された本。ある自治体では管理職全員がこの本を購入したとか・・・。

    この本を読んで、ちょっと自分の姿勢がだれてしまっていたところがあるかなと正直思った。自分をいかに誤解されずに分かってもらうかの「説明力」を磨くことに慢心していないか。そんな風に思った。

    相手の立場に立って物...続きを読む
  • 9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ
    【ホスピタリティのある人材をいかに育てるか】
    お客様を常に感動させ続けているオリエンタルランド率いるディズニーランド。それを支えているのは、フロント・バックを問わず働いているスタッフ(正社員・アルバイトどちらも含む)達だ。

    あの空間が作り出される秘密を、ホスピタリティという観点から解き明かすのが本...続きを読む