竹内喜のレビュー一覧

  • 心があなたを忘れても 我が一族アネタキス I

    再読

    好きな作品。
    コミックも好きですが、原作はヒロインの悲痛な叫びが心に響きます。
  • ビンテージ・ラブ
    まさかの感動作。
    ヒーローが結構どうしようもないところもあるんだけど、それでも魅力とキャラクターで憎めない人で今までのハーレクインで見たことのないヒーローだった。
    ヒロインは強いししっかりしてて明るくて浮ついてなくて好感度が高い。
    後半は涙無くして読めない。

    2000年。
  • 心があなたを忘れても 我が一族アネタキス I
    再読。泣けた。ヒーロー、トロすぎ。
    愛人だと言ったことを言い訳しているときには、全く説得力ねーし❗️なめんな❗️って思ったよ。 チッ‼️
  • 心があなたを忘れても 我が一族アネタキス I
    「我が一族アネタキス」シリーズ1。長男の話。
    面白かった!
    ただヒロインがすごく可哀相で、ラストは泣いた…ヒロインの台詞に胸を痛くて…泣きながら読んだ。
    マヤバンクスさんはすごい人だ。前よりもっと好きになったw

    ーーー
    忘れた頃に再読。
    やっぱマヤバンクスさんのは面白い!
    何回読んでも感動する!
  • 心があなたを忘れても 我が一族アネタキス I
    ヒロインは大富豪の愛人。
    身ごもったことをきっかけに、富豪への愛を自覚。
    でもそこで企業スパイ疑惑が浮上し、妊娠を告げられないまま家を叩きだされる。
    そこで誘拐され、記憶喪失に。
    ヒーローは、発見されたヒロインに複雑な気持ちを持つ。
    自分を裏切ったけど、自分の子供を妊娠している女性。当然欲望もあって...続きを読む
  • 後見人を振り向かせる方法 我が一族アネタキス II
    前作「心があなたを忘れても」読破。
    「我が一族アネタキス」シリーズ2。次男の話。
    よかった。
    ただ、前作ヒロインより切なさはなかったかな?泣かなかったからw
    でも!前作より笑えた!ヒロインがすっごく可愛くて、する事言う事全部楽しくてよかったw
  • ビンテージ・ラブ
    ヒーローのノリが軽くて この父親で大丈夫なのかと心配になったわけだが 突撃訪問の娘を両手広げて受け止める姿は好感度アップ。ヒーロー狙いのハンター女にとって娘もヒロインと同じぐらい邪魔だったはずである(笑
    出会った頃の彼らは夢を追う若者だった。親になった二人の恋がじんわりとしみ入ってくる。
  • ビンテージ・ラブ
    感動的なHQ。イギリスで十年前に別れてたルークに、重い心臓病と診断されて娘を会わせようと、アメリカへやってきたピパ。束縛をきらうルークを思い、妊娠も知らせるだけ。活発で相手を思いやるピパに対し、10年間会いに行きもしない、大人になりきれないルークにはあきれる。最後に見直す話もあるが、ひたすらピパの純...続きを読む
  • 心があなたを忘れても 我が一族アネタキス I
    普通のハーレクインで楽しかった(普通じゃなくてもよかったのに)癇癪持ちのもちのヒーローがいつ気がついて落ち込むかと…わくわくしながら読みました。ヒロインに落ち度ないし、性格いいし、誤解を悟って後悔しろヒーロー。
  • 後見人を振り向かせる方法 我が一族アネタキス II
    アネタキス家次男のお話。
    兄から仕事を引き継いだヒーローは、若い娘の後見人まで引き継いでしまう。
    ヒロインは10年以上前からヒーローにお熱。
    既に結婚の計画を立てようとするヒーローの邪魔をするかのように誘惑しまくる。
    割と手段は選らばないタイプのようで、かなり激しい。
    そんなヒロインに翻弄されつつも...続きを読む
  • 情熱の記憶 狼たちの休息 XIX
    購入済み

    あらすじ
    リーニーは目の前の男性を信じられない思いで見つめた。一年前に出会い、情熱だけの数週間のあと、私の前から去っていったフランク……。あれ以来、私はずっと忘れられなかったのに、彼は連絡さえくれようとはしなかった―― 私のおなかに、新しい命が宿っていたことも知らずに。だが、その後リーニ...続きを読む
  • プリンセス・レッスン 愛の国モーガンアイル I
    内容(「BOOK」データベースより)
    八年前にモーガンアイル国の王子フィリップと婚約して以来、ハンナは彼の妻になるべく花嫁修業にいそしんできた。週末に友人と遊びにも行かず、数々のレッスンをただ受ける日々。でも、ハンナは少しもつらくはなかった。定められた縁談とはいえ、ひと目会った瞬間フィリップに恋をし...続きを読む
  • 愛は戯れでなく

    自立したヒロイン

    始めの頃はヒロインの独りと言う寂しさが伝わりなんとも言えない感覚でした。
    ヒーローを救う為に体を張るヒロインもHQでは始めて。なんでも独りで出来るヒロインは心の叫びが切なくて可哀想でした。7人兄妹だそうですが、後、3人の兄は出てこなかったが、作者はもっとスピンオフを書くつもりだったのかな?
    これを...続きを読む
  • 情熱の記憶 狼たちの休息 XIX
    フランクとリーニーの話。
    こんなに限定的な人間関係の中でポンポン誘拐事件が起こるとか恐ろしいわー。
    男女の、愛に対しての考え方の違い。
  • 永遠はいらない 恋を知った男たち II
    『恋を知った男たち』シリーズ2

    暴君ヒーローを想像してたけど、全然!
    最初からヒロインに甘いです。
    誰が見ても溺愛してるではないか!てぐらい。
    始まりと終わりの文章が好みだった。
  • 後見人を振り向かせる方法 我が一族アネタキス II
    未経験のヒロインが誘惑に自信を持ってるのがチョット変。自信の無さとか戸惑いは?って感じ。反対に女性経験の豊かなはずのヒーローは、誘惑されたり、恋心をもたれたりしてるのにきずかない鈍感さ。危機感ある展開のⅠの方が上だね。
  • 不器用なダーリン
    タイトル通り不器用なヒーローのお話。
    クレンショーシリーズなので、登場人物が多いw
    ヒーローとヒロインが恋に落ちて結婚に至るまでが遠い道のりでもどかしい。
    無愛想で誠実なヒーローが情熱的な恋人になるのが魅力的です。
  • 永遠はいらない 恋を知った男たち II
    過去の出来事から孤独を望み心を閉ざしてしまったヒーロー。ヒロインの愛が徐々にヒーローをの心を闇を解かしていきます。

    (D-1187) シリーズ:恋を知った男たちⅡ
  • サマー・シズラー2008 灼熱の恋人たち
    『風の中の誓い』
    マニング公爵の花嫁となるために、ケイトはその居城へと向かっていた。ところが、ロンドンのはるか北方にある森の中で盗賊の一味に襲われ、身代金をせしめるために誘拐されてしまう。盗賊の首領はシャドーという名で、富める者を狙う悪党として有名だった。どうしても公爵のもとに行かねばならない事情が...続きを読む
  • 秘書の片想い 富豪一族:知られざる相続人 V
    富豪一族:知られざる相続人シリーズ五巻目。
    フォーチュン家の知られざる相続人たちが織りなす愛の物語。
    一族のはみ出し者キャメロンの息子ジョナスがヒーロー。キャメロンの子を宿したジョナスの母親は、キャメロンに捨てられたあとジョナスのために再婚するが、その男によって精神的虐待を受けて亡くなったという過...続きを読む