後見人を振り向かせる方法 我が一族アネタキス II

後見人を振り向かせる方法 我が一族アネタキス II

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

イザベラがニューヨークを訪れたのには理由があった。それは、少女の頃から恋い焦がれていたセロンのそばにいるため。セロンはとてもハンサムな、ギリシアの富豪一族の次男だ。旧友だった互いの父親がともに亡きいま、イザベラにとっては、いわば後見人の立場にある。もう昔みたいに子供扱いはされたくない――久しぶりの再会を前に、イザベラはわざとセクシーな服を選び、成熟した自分の姿にセロンがうろたえるのを見て、満足した。だがその矢先、ある悲しい話を耳にする。セロンがもうすぐ、どこかの令嬢と婚約するという話を。■注目作家マヤ・バンクスが綴る、ギリシア人三兄弟の物語〈我が一族アネタキス〉二話目をお届けします。可愛らしく一途な初恋の行方は?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ディザイア
ページ数
160ページ
電子版発売日
2011年06月03日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

後見人を振り向かせる方法 我が一族アネタキス II のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年07月10日

    未経験のヒロインが誘惑に自信を持ってるのがチョット変。自信の無さとか戸惑いは?って感じ。反対に女性経験の豊かなはずのヒーローは、誘惑されたり、恋心をもたれたりしてるのにきずかない鈍感さ。危機感ある展開のⅠの方が上だね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年11月09日

    前作「心があなたを忘れても」読破。
    「我が一族アネタキス」シリーズ2。次男の話。
    よかった。
    ただ、前作ヒロインより切なさはなかったかな?泣かなかったからw
    でも!前作より笑えた!ヒロインがすっごく可愛くて、する事言う事全部楽しくてよかったw

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年06月16日

    アネタキス家次男のお話。
    兄から仕事を引き継いだヒーローは、若い娘の後見人まで引き継いでしまう。
    ヒロインは10年以上前からヒーローにお熱。
    既に結婚の計画を立てようとするヒーローの邪魔をするかのように誘惑しまくる。
    割と手段は選らばないタイプのようで、かなり激しい。
    そんなヒロインに翻弄されつつも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

我が一族アネタキス のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 心があなたを忘れても 我が一族アネタキス I
    彼の子供がおなかにいる――その事実を知ったマーリーは、一人物思いにふけっていた。子供の父親クリュザンダーはゴージャスなギリシア人実業家で、ふたりはいま、一つ屋根の下に暮らしている。妊娠を打ち明けたら、クリュザンダーはどんな反応をするだろう?彼がふたりの関係をどう考えているのか確かめようと、マーリーはさっそく、仕事から戻ったクリュザンダーに問いかけた。「ぼくらの間に関係なんても...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 後見人を振り向かせる方法 我が一族アネタキス II
    イザベラがニューヨークを訪れたのには理由があった。それは、少女の頃から恋い焦がれていたセロンのそばにいるため。セロンはとてもハンサムな、ギリシアの富豪一族の次男だ。旧友だった互いの父親がともに亡きいま、イザベラにとっては、いわば後見人の立場にある。もう昔みたいに子供扱いはされたくない――久しぶりの再会を前に、イザベラはわざとセクシーな服を選び、成熟した自分の姿にセロンがうろた...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 一夜の夢が覚めたとき 我が一族アネタキス III
    ジュエルはバカンスで訪れた小さな島で到着早々、ホテルに臨時雇いの仕事を見つけた。各地を転々としながら暮らす彼女にとって楽園のような島で旅の資金を稼げるのは、願ってもない幸運だ。夜になり、ジュエルがホテルのバーに入ろうか迷っていると、ハスキーな声の男性に話しかけられた。ゴージャスでパワフルで、なんて尊大……。二人は互いの名も知らぬまま、熱い一夜を過ごす。二日後、ジュエルはホテル...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています