心があなたを忘れても 我が一族アネタキス I

心があなたを忘れても 我が一族アネタキス I

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

彼の子供がおなかにいる――その事実を知ったマーリーは、一人物思いにふけっていた。子供の父親クリュザンダーはゴージャスなギリシア人実業家で、ふたりはいま、一つ屋根の下に暮らしている。妊娠を打ち明けたら、クリュザンダーはどんな反応をするだろう?彼がふたりの関係をどう考えているのか確かめようと、マーリーはさっそく、仕事から戻ったクリュザンダーに問いかけた。「ぼくらの間に関係なんてものはないよ。きみは“愛人”だ」返ってきた辛辣すぎるその言葉に、マーリーは凍りついた。だが運命は、さらなる悲劇を彼女に用意していた。■期待の新人作家マヤ・バンクスが、ギリシアの三兄弟を描く〈我が一族アネタキス〉。一話目は長男クリュザンダーの登場です。愛人が会社の機密情報をライバルに渡していたと知り、激怒して彼女を家から叩きだしたのですが……。

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ディザイア
ページ数
160ページ
電子版発売日
2011年04月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB
    購入済み

    再読

    ikm 2018年06月08日

    好きな作品。
    コミックも好きですが、原作はヒロインの悲痛な叫びが心に響きます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月30日

    再読。泣けた。ヒーロー、トロすぎ。
    愛人だと言ったことを言い訳しているときには、全く説得力ねーし❗️なめんな❗️って思ったよ。 チッ‼️

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月25日

    普通のハーレクインで楽しかった(普通じゃなくてもよかったのに)癇癪持ちのもちのヒーローがいつ気がついて落ち込むかと…わくわくしながら読みました。ヒロインに落ち度ないし、性格いいし、誤解を悟って後悔しろヒーロー。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月09日

    「我が一族アネタキス」シリーズ1。長男の話。
    面白かった!
    ただヒロインがすごく可哀相で、ラストは泣いた…ヒロインの台詞に胸を痛くて…泣きながら読んだ。
    マヤバンクスさんはすごい人だ。前よりもっと好きになったw

    ーーー
    忘れた頃に再読。
    やっぱマヤバンクスさんのは面白い!
    何回読んでも感動する!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年05月29日

    ヒロインは大富豪の愛人。
    身ごもったことをきっかけに、富豪への愛を自覚。
    でもそこで企業スパイ疑惑が浮上し、妊娠を告げられないまま家を叩きだされる。
    そこで誘拐され、記憶喪失に。
    ヒーローは、発見されたヒロインに複雑な気持ちを持つ。
    自分を裏切ったけど、自分の子供を妊娠している女性。当然欲望もあって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 心があなたを忘れても 我が一族アネタキス I
    彼の子供がおなかにいる――その事実を知ったマーリーは、一人物思いにふけっていた。子供の父親クリュザンダーはゴージャスなギリシア人実業家で、ふたりはいま、一つ屋根の下に暮らしている。妊娠を打ち明けたら、クリュザンダーはどんな反応をするだろう?彼がふたりの関係をどう考えているのか確かめようと、マーリーはさっそく、仕事から戻ったクリュザンダーに問いかけた。「ぼくらの間に関係なんても...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 後見人を振り向かせる方法 我が一族アネタキス II
    イザベラがニューヨークを訪れたのには理由があった。それは、少女の頃から恋い焦がれていたセロンのそばにいるため。セロンはとてもハンサムな、ギリシアの富豪一族の次男だ。旧友だった互いの父親がともに亡きいま、イザベラにとっては、いわば後見人の立場にある。もう昔みたいに子供扱いはされたくない――久しぶりの再会を前に、イザベラはわざとセクシーな服を選び、成熟した自分の姿にセロンがうろた...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 一夜の夢が覚めたとき 我が一族アネタキス III
    ジュエルはバカンスで訪れた小さな島で到着早々、ホテルに臨時雇いの仕事を見つけた。各地を転々としながら暮らす彼女にとって楽園のような島で旅の資金を稼げるのは、願ってもない幸運だ。夜になり、ジュエルがホテルのバーに入ろうか迷っていると、ハスキーな声の男性に話しかけられた。ゴージャスでパワフルで、なんて尊大……。二人は互いの名も知らぬまま、熱い一夜を過ごす。二日後、ジュエルはホテル...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています