幾原邦彦のレビュー一覧

  • 輪るピングドラム3 【小説版】
    「運命の果実を、一緒に食べよう」



    完結。すれ違いの関係性、それぞれの想いと、選ばれること。フィクションだけど、社会性もあるのでは、と深読みせずにはいられない。作者そこまで考えてない、も飲み込みつつ。ファンタジーなんだけど、三兄妹は魔法を使えなくて、ひたすら地道に駆け回ってきた結果がココなんだと...続きを読む
  • 輪るピングドラム 【小説版】
    「そう。今夜、私はあなたの花嫁になるの。私としてではなく」



    苹果回。アニメの原作小説、とのことでほぼアニメと同じ流れだった気がするので懐かしい。アニメと同じようにぽんぽんストーリーが進むので読みやすい。キャラクターが今思ってる事が文章になっている感じ。アニメ視聴していたので場面場面の映像が浮か...続きを読む
  • 輪るピングドラム2 【小説版】
    「だって、時籠さんて、とってもきれいだから」


    桃果側、ゆりタ蕗回。キーキャラクターが桃果(日記)なのでそうなるんだけど、もういない桃果がすごい影響力をもっているなあ。とにかくみんな過去にあるものにずっと引きずられて今ピングドラムを巡って争っているのが悲しい。過去激重奴。晶馬の性根がどうしてもいい...続きを読む
  • 輪るピングドラム 【小説版】
    生存戦略しましょうかー

    アニメの全てが抜群に好みなのに、
    そのメッセージがどうも掴みきれなくて、
    この作品をより深く知りたくて、原作を手に取った。

    アニメ以上の発見は、まだなさそう。
    魅力的な登場人物が出揃った上巻、
    ピングドラムを巡る陰謀は、どのように絡まり合うのか。

    難解すぎて、大衆受けは...続きを読む
  • 輪るピングドラム 【小説版】
    アニメで全話鑑賞済み。
    始めはなんだこれと思って観始めたことを後悔したりしてたんだけど後半からの怒涛の展開にただただビックリして最終話は訳も分からないまま大号泣した個人的伝説アニメの小説版。

    満を辞して読む時が来た。。(大袈裟)

    しかし例の件に絡むの中の後半くらいからかなって思ってたらもう来るじ...続きを読む
  • 輪るピングドラム3 【小説版】
    全てわかっているのにやはり号泣オブ号泣してしまった。

    「愛してる」

    どうかこの言葉が産まれて来た全ての子供達に与えられますように。

    それにしてもこんなに泣いたの久しぶりだ‼︎まぶたが痛い‼︎
    しかし読んで良かった。
    改めて名作。
  • 輪るピングドラム 【小説版】
    なつかしい!アニメを思い出しながら読んでました。ストーリーはすっかり忘れていたのですが、『きっと何者にもなれないお前たちに告げる!』とか、そうそうこんなセリフだった!と懐かしい気持ちで読んでました。あの衣装と音楽シーンが蘇ります。印象的なセリフの数々、例えば林檎の『デスティニー』とか、夏芽真砂子の『...続きを読む
  • 輪るピングドラム3 【小説版】
    誰かのために全力で走りたくなる。思いっきり抱きしめたくなる。

    冠陽か晶陽か晶苹なのかもうなにが何なんだかわからないけれど、きっとCPとかそういうものを飛び越えた愛がぐるぐるしているんだと思う。
    ただ1番もやっとくるのが晶馬は苹果ちゃんのことを好きなのかどうか、ということ。確実に陽毬のことも愛してい...続きを読む
  • 輪るピングドラム 【小説版】
    アニメの方が視覚的にスタイリッシュで場面もパッと分かりやすくていいですが、小説版のよいところは心理描写がこちらのが丁寧なことですね。
    中巻あたりで特に思いましたが場面の切り替え、視点の切り替え、時間軸の切り替えが多いのであらかじめアニメ見てなかった人はちょっと読みずらそう。

    アニメ忘れたころに読ん...続きを読む
  • ユリ熊嵐 (下) 【小説版】
    小説版下巻。シリーズ終盤、アニメでは分かりづらいところが補足され、ユリ熊嵐のテーマがより一層理解できる。あらゆる比喩表現のオチ、種明かしもきちんとされていてまとまり良し。
  • ユリ熊嵐 (上) 【小説版】
    小説版。内容はアニメ版に基づいており、アニメ6話相当までおそらく収録されている(執筆時、4話まで放送済み)。予習復習や、人物の関係性の確認、映像と文字表現の比較など楽しみ方いろいろ
  • 輪るピングドラム 【小説版】
    アニメを数年前に視聴済み。
    ノベライズ版だと心理描写が細かくて人物に入り込みやすい印象。続きを買うか迷い中
  • 輪るピングドラム 【小説版】
    アニメ視聴済。
    小説版は心理描写がとても丁寧で、読後にまたアニメを観るのもまた楽しいです。
    いつまでも、好きな作品。
  • 輪るピングドラム3 【小説版】
    アニメは全話視聴済み。

    素晴らしい閉幕でした。あとアニメでは解からなかった、気づけなかった細々としたシーン、心情を見れて面白かったです。

    怒涛の展開で一気に読み終えました。全三巻と長い旅路でした。でも読後感は切ないけれど優しく、希望に溢れる、こころを動かされる。充足した気持ちです。

    上・中・下...続きを読む
  • 輪るピングドラム2 【小説版】
    アニメは全話視聴済み。
    じょじょに明らかになってく謎。小説ならではの視点で楽しめます。
    登場人物たちの心情。特に本巻終盤のタブキの心情は不気味で、でもとても悲しく、アニメでは知りえなかった行動基準を知ることが出来ました。

    いよいよ終盤、下巻はどう展開していくのか。楽しみです。
  • 輪るピングドラム 【小説版】
    アニメのほうは全話視聴済み。
    改めてこの世界観に浸ると、アニメでは知ることの出来なかった、各登場人物達の心情を読み取ることが出来て面白かった。

    まだまだ序章なので、これから中・下と読み進めるうちに新しい小説ならでは発見をしたい。
  • 輪るピングドラム3 【小説版】
    小説版『輪るピングドラム』最終巻。
    アニメとはまた少し違った視点から描かれていたり、小説オリジナルのエピソードが入っていたりする部分も多い。
    アニメでは登場人物が、人間であると同時に記号化・象徴化されている節も強かったが、小説版では文章での心理描写がある分、より人間的に肉付けされている気がする。
    ...続きを読む
  • 輪るピングドラム3 【小説版】
    1~3巻の感想をまとめて。
    小説はアニメの内容がそのままだろうかと思っていたけれど、登場人物の心情が細やかに描かれていたりアニメでは描かれなかった内容が挿入されたりと納得の小説版だった。新たな発見もあった。ただ年月の計算が間違ってる?ところが気になったけれど。
    小説はじっくり最後まで読むとまた一巻を...続きを読む
  • 輪るピングドラム3 【小説版】
    発売延期になって、期待に胸を膨らませていただけにすこし残念。
    乗換後の世界での陽毬と苹果、最後のみに冠葉、晶馬が歩いて行くところがアニメに忠実すぎてやっぱり微妙に分からなかった。
    なんというか、音楽補正も大きかったのかもしれないなあとちょっとおもった。
    悪い点ばかり述べたが、眞悧に桃果が手を差し伸べ...続きを読む
  • 輪るピングドラム 【小説版】
    出来事が点々としていきつつも、ごちゃごちゃすることなく読めて面白かった。世界感がとても好き。とっても、不思議で明るくってでもその中に闇があってその怖さがとっても、引き込まれた。