金の角持つ子どもたち

金の角持つ子どもたち

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「サッカーをやめて、塾に通いたい」小6になる俊介は、突然、両親にそう打ち明ける。日本最難関と言われる中学を受験したいのだ、と。難聴の妹・美音の小学校入学を控え、家計も厳しい中、息子の夢を応援することを両親は決意。俊介の塾通いが始まる。だが、彼には誰にも言えない“秘密”があって……。人は挑むことで自分を変えることができる。未来を切り開こうと奮闘する人々を描く、感動の長編小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2021年07月01日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
1MB

金の角持つ子どもたち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年05月31日

    僕は中学受験をしてこの文章に出会いました。

    僕も中学受験で第一志望第二志望にも落ちてしまいこの文章にとても共感できました。

    とても良い作品です、ぜひ読んで欲しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月17日

    厚すぎない文庫本なので、通勤時に読むかと電車の中で読み始めたら、なんだか数十年前の自分の子供のころの記憶から、自分が子育てをしている最近までの、いろんな気持ちがこれでもかと詰まりすぎていて、じわっと来ては本を閉じ、の繰り返しで、大変だった(笑)。
    藤岡陽子さんの書く本には、どちらかといえば弱い立場に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月05日

    中学受験を考えた少年の話。
    第1章は母親視点。
    第2章は主人公視点。
    第3章は塾講師視点で書かれておりそれぞれの心情がよくわかる。
    その他にも父親や妹の成長が何気ないけど丁寧に書いてある本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月02日

    藤岡陽子さんの作品を読むのはこれで2冊目。「手のひらの音符」がとてもとてもよかったので、早く他の本も読みたいな~と思っていたところ、職場の人から「子育てをしている人にぜひ読んで欲しいから」と貸してもらった。

    はじめは、「うーん、中学受験の話かー。あんまり興味ないなぁ」と思ってしまったけれど、そんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月10日

    実は同業者。加地先生がそのまま代弁してくれているようで、共感できた。
    私も金の角が見えるくらいにならなくては。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月31日

    中学受験に関わる親子と塾講師の奮闘を、シンプルに
    明るく描いた作品。

    同時並行で読んだ「翼の翼」との違いを楽しみました。

    小学六年生の中学受験を目指す俊介と、その両親と妹、塾の講師や同級生。
    みんなそれぞれに心に悩みやトラウマを抱えながら、真っ直ぐに前を向いて、ひたむきに頑張って、周りにも優しさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月21日

    金の角持つこどもたち
    著:藤岡 陽子

    「中学受験」を題材にした作品。
    主人公の俊介は小学6年生の普通の男の子。
    あることをきっかけに中学受験にチャレンジすることに。

    金の角とは、お世話になる塾講師が日頃からよく言っている言葉で、勉強に一生懸命に打ち込んでいる子には頭から金の角が生える(?)ように...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月16日

    子どもの時、何かに「打ち込んだ」経験は

    その子の武器ににる。

    それが勉強か、スポーツか、その他でも。

    子が挑戦するというのなら、背中を押してあげたい。親にできるのはそれくらい。

    挑戦するフィールドは、きっと、子どもが自分で決めるから価値がある。


    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月13日

    泣けました。特に第三章、塾講師からの目線の回。

    今年ちょうど息子の中学受験があり、ご縁を頂いたあとこの本を知り手に取った。
    公立中高一貫のみの受験、ダメなら地元公立というシチェーションも重なり思い切り感情移入。(主人公ほどの頑張り、難関度にはやや遠いが…笑)

    本当に頑張れ!頑張れ!そして頑張った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月07日

    小学6年生で中学受験を決めた男の子のお話

    サッカーで日本代表を目指していたが、地区の選抜メンバーにすら選ばれなかったので、他の目標のために塾に通いたいと言い出す俊介
    自分が高校を中退させられた経験から、息子の夢を応援したい母の菜月
    自分に学歴がない事で出世できないのがコンプレックスで、息子にはサッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング