GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI<中>
  • 完結

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI<中>

作者名 :
通常価格 1,199円 (1,090円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

下分け目の大イベント「関ヶ原の戦い」の歴史再現を乗り切ったトーリ達の前に現れた、因縁の相手と、とある有名人! さあ、誰だろうなあー!? 二人のオッサンの目的とは?
そして、いよいよ始まるヴェストファーレン会議。世界各国の重鎮を相手に合流組やら後輩組も含めて、あっちの御国やこっちの御国、皆まとめて我らが副会長、本多・正純の弁論が冴え渡る―!?
「はっじまっるよォ―――――!」
川上稔が贈る大人気学園戦国ファンタジー、注目必至の最終話、中編! 世界の命運を懸けた大弁論戦の行方は―!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2020年09月10日
紙の本の発売
2018年09月
サイズ(目安)
38MB

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI<中> のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月25日

    これが読みたくてホライゾン読んでんのよ、という圧巻圧倒の11中 表紙に描かれてなければ買って紙で持っていたかった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    これぞ境ホラ。メイン会議話。色々と仕掛けやなにやらとりこみつつも己の主義主張を通し、相手の主義主張を受け入れ、平行線のまま未来へ向かう、と
    なんで下巻じゃないんだろうか、という内容。
    下巻は最終決戦。独立した巻でもいいような構成。

    このレビューは参考になりましたか?

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン のシリーズ作品 全29巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~29件目 / 29件
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンI<上>
    完結
    各国により分割統治された中世の神州・日本。その上空を8隻からなる都市艦“武蔵”が航行していく――。 遙か遠い未来。“重奏統合争乱”を経て、人類の命運を懸けた“聖譜”をもとに歴史の再現を行う国々。そして、さまざまな思惑と決意を胸に、未来を切り拓こうとする人々。 重なり合う中世の世界を舞台に、学生達による学園国家間の抗争が始まろうとしていた! AHEADシリーズ『終わりのクロニクル』と都市シリー...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンI<下>
    完結
    世界の運命を巡り、各国の“教導院”が動き出した。 敵は世界列強。八大竜王。 さらに巻き起こる武蔵内の内紛。 しかし、様々な人々の思惑と決意をよそに、バカはいつでもここにいる。 「――俺のせいで奪われたオマエの全てを、俺が取り戻してやる!!」 “自害”のタイムリミットが刻一刻と迫るなか、果たして、トーリはホライゾンを救うことができるのか!? そして、武蔵の運命はどこへ向かっていくのか!? GENESI...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンII<上>
    完結
    重奏世界の末世救済の鍵となる9つの大罪兵器のひとつを身に宿した少女・ホライゾン。 彼女を聖譜連合から奪還した航空都市艦“武蔵”の総長トーリ達は、二番目の大罪兵器の譲渡を請うため日本海上空に浮かぶ島・英国へと向かう。 しかし同時に、大内家と融合し西中国地方を支配する三征西班牙も、来るべきアルマダ海戦の歴史再現に先駆け、行動を開始していた……。 中世の日本と各国が同居する学園ファンタジ...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンII<下>
    完結
    英国へと到着した航空都市艦・武蔵。そして、来るべきアルマダ海戦の歴史再現に先駆け行動を開始した三征西班牙(トレス・エスパニア)。 三カ国の駆け引きと思惑が蠢くなか、いよいよ英国と武蔵による合同学園祭が始まった……。 果たして、武蔵・教導院のメンバーの前に現れた英国“女王の盾符”たちとの戦いの行方は? “重双血塗れ”メアリの処刑は? 世界征服のためにホライゾンとデートするトーリの決断...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンIII<上>
    完結
    英国のアルマダ海戦で西班牙・無敵艦隊との戦闘により中破した航空都市艦・武蔵。その修復のため、トーリ達は仏蘭西領の浮上島にあるIZUMOへと向かう。 だが、そこで待っていたのは、世界征服の方針を左右する出来事だった! 果たして、仏蘭西領で武蔵に迫る選択と脅威とは!? AHEADシリーズ『終わりのクロニクル』と都市シリーズの間の時代を描く壮大な物語“GENESIS”シリーズ。 中世の日本と世界各国が同居...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンIII<中>
    完結
    仏蘭西(フランス)領のIZUMOにて動き出した各国と個人の複雑な関係。その中で武蔵が取る選択とは? そして彼らが向かう先に、それぞれ待っているものとは? 六護式仏蘭西との戦闘がIZUMO上で展開する中、欧州覇者となるルイ・エクシヴや、その妻、毛利・輝元の参戦を経て、ついにはミトツダイラの母である巨乳の人狼女王までが戦闘に参加してカーチャン無双の時代がここに……! この戦闘を経て、一体、誰...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンIII<下>
    完結
    M.H.R.R.が仕掛けた、K.P.A.Italiaの厳島上空での竜脈炉爆発を合図とするように、遂に三十年戦争における最悪の敗戦を生むマクデブルクの掠奪の歴史再現が始まった。 そんな中、トーリ達はマクデブルク郊外にある、M.H.R.R.の総長ルドルフ二世が幽閉された鋼鉄の塔へと向かう。 六護式仏蘭西、そしてM.H.R.R.の旧派と改派、P.A.Oda、それぞれの思惑はどこへ向かうのか? その中で武蔵が取る選択と決意とは...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンIV<上>
    完結
    武田との歴史再現のため三方原の戦いに臨んだ武蔵。だが、強引な解釈による羽柴の登場により初めての敗北を喫してしまった。そして今、武蔵は関東IZUMOの巨大な浮きドック“有明”で大改修を受けていた。 そんななか、関東の北に存在する奥州列強――伊達、最上、上越露西亜(ロシア)との協働について、武蔵は模索を始める。しかし、各勢力もそれに対し動き始め……。 様々な過去と思惑を秘めた奥州列強と、果た...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンIV<中>
    完結
    奥州上越関東の安定化のための外交作戦として、里見生徒会長を招き入れ、列強三国へ外交官を派遣することを決定した武蔵。 その結果、最上家へ里見義康とアデーレが、上越露西亜の上杉家にトーリ、ホライゾン、メアリ、点蔵、ミトツダイラが、伊達家には鈴とウルキアガが外交官として赴くこととなった。 だがその一方、武蔵内部に潜入した伊佐、穴山たち真田十勇士は密かに活動を始め、更には武蔵の眼下、...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンIV<下>
    完結
    列強三国へ外交官としてトーリ達が向かうなか、羽柴勢が水戸領地に対して戦闘を開始。武蔵内では、平和を求めて大久保を代表に委員長連が蜂起し、更には潜入した真田十勇士が暗躍を進める。 まさに内憂外患の武蔵は、果たして東北・上越へ活路を開くことができるのか!? 奥州勢と相対する第4話、完結。
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンV<上>
    完結
    ──状況は静から動へ。 関東、近圏の諸国が武蔵とP.A.Odaを天秤に掛け、遂に戦端が開かれた……! 奥州三国の支持を得て、柴田勢を退けた武蔵。生徒会副会長の正純は、信長死後の歴史再現の鍵を握る北条に働き掛け、羽柴にプレッシャーを与えようと画策するが、その矢先、羽柴勢が毛利領内に侵攻したとの一報が届く! 毛利領を治める六護式仏蘭西の迎撃は。そして連動して動き出す関東勢力の群雄に、武蔵もそ...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンV<下>
    完結
    毛利領へ侵攻した羽柴勢に対し、武神を主体にした新たな戦術で六護式仏蘭西が反撃を開始した。 歴史のターニングポイントとなる織田信長自害の“本能寺の変”へ向けて、世界は徐々に向かい始める。 一方、関東では、武蔵を強襲した北条勢を逆手にとって、武蔵は滝川・一益と北条による“神流川の戦い”の歴史再現を遂行したが、武蔵は校則法で定められた夏休みを目前に控え、遅れていた行事もこなさなければな...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンVI<上>
    完結
    歴史再現の名のもと巴里の水攻めを敢行しようとする羽柴勢。それに対し六護式仏蘭西は旗艦・狩猟館率いる大艦隊を北条と合流させ、関東の地で毛利の備中高松城戦と北条の小田原征伐という二つの歴史再現を同時に行うという奇策に打って出た。 K.P.A.Italiaに代わり事実上の聖連代表となったM.H.R.R./羽柴と、欧州覇王・六護式仏蘭西/毛利――二大勢力の争いの行方は? その一方で、トーリ達武蔵勢は“移動教...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンVI<中>
    完結
    『羽柴勢への宣戦布告と見受けますが、宜しいでしょうか?』 関東の地で行われる毛利の備中高松城戦と北条の小田原征伐。ついに対決するM.H.R.R./羽柴と欧州覇王・六護式仏蘭西/毛利――二つの決戦と歴史再現を前に、毛利と北条との戦前会議に臨んだトーリ達。 各陣営の勝利とその先を見据えた策謀――六護式仏蘭西がぶち上げた思わぬ野望に、会議は大きく荒れる。しかし、武蔵副会長・正純の機転によって、...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンVI<下>
    完結
    ――これはちょっと想定外ですの。 ついに始まった小田原征伐。戦前会議を経て、北条、羽柴、毛利、最上、上杉、滝川、伊達、武蔵――全勢力入り乱れた“総合相対戦”形式を取ることになったその歴史再現の行く末を世界各国が見守る中、武蔵が毛利代表である人狼女王への刺客として送り出した人物は、誰もが想定すらしていなかったあの人物だった!? どいつもこいつも主張重視のバトルロイヤルが温泉街で遂に始ま...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンVII<上>
    完結
    小田原征伐と蟹江城の戦いを乗り切った武蔵は、続く関東解放を前に短い休息の時を得ていた。 そんななか、ナイトや鈴や正純は、武蔵に関東解放の戦前交渉に訪れた毛利艦隊の中に、M.H.R.R.の艦が混在している事に気付く。 裏切りか。果たして誰が何の意図をもって行動をしているのか!? 小田原征伐を経て大きく変わりつつある各国の情勢。トーリ達武蔵勢はどのように対応していくのか? 学園戦国ファンタジ...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンVII<中>
    完結
    小田原征伐に続いて関東解放の歴史再現がついに始まった。 江戸湾上空では羽柴の鉄甲船艦隊と村上・元吉率いる毛利艦隊がぶつかり、地上においては鍋島・直茂の機竜とMouri-01の武神隊が激突する。 それぞれの目的が明らかとなり、大きく変わりつつある各国の情勢。里見家復興のため奮起するペタ子、夫人の死が目前にせまり懊悩する少年、長岡・忠興。 仲間達の決意を前に、トーリ達武蔵勢はどのように関わ...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンVII<下>
    完結
    羽柴VS毛利の直接対決が始まり、白熱する関東解放戦。武蔵第六特務、直政と正木・時茂による因縁の武神対決が幕を開け、九鬼・嘉隆率いる鉄甲船艦隊と村上・元吉の村上水軍による艦隊戦も新たな局面を迎えようとしていた。自国の未来を見据え、歴史再現に殉じようとする者、抗おうとする者がそれぞれの思惑を交錯させるなか、里見家復興を目指す里見・義康の戦いがついに始まる。 その一方で長岡・忠興の身...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンVIII<上>
    完結
    関東解放戦を終えた武蔵は、休息兼補給のため立ち寄った四国の上空で今後を見据えた作戦会議を行っていた。 武蔵の是非を問うヴェストファーレン会議にて欧州各国の支持を取り付けるためには、P.A.Odaの弱体化が必須。生徒会副会長の本多・正純は“本能寺の変”の介入と羽柴勢への本格的な嫌がらせを行う事を決定する!?  その一方で、再考査になった期末試験もこなさねばならず、大忙しの武蔵勢。3年梅組の...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンVIII<中>
    完結
    「――本能寺の変が終了するまで、あの場所には、近づかないで頂きたい」 本能寺の変へ介入すべく行動を起こした武蔵。だがそこへP.A.Odaの重要人物、森・蘭丸が現れ、その動きを制止する。武蔵が京に近づくことによって、"戦闘とは別の理由"で皆に害がなされるというのだが……。 その一方で、羽柴への嫌がらせ行為――武蔵の関東入りに関する、武蔵と羽柴の首脳会議が幕を開ける! 生徒会副会長の本多・正純が...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンVIII<下>
    完結
    「――明智・光秀の襲名権を、武蔵側へと譲って頂く事は可能だろうか」 本能寺の変の歴史再現に介入を狙う武蔵勢。生徒会副会長、本多・正純は、首謀者、明智・光秀の“代行”を提案する。だがそれでは明智・光秀となった武蔵の生徒がその後の歴史再現によって失われてしまうのは必定。……正純に勝算はあるのか? 未だ姿を見せない現、明智・光秀は正純の提案に応じるのか――? 夏休みも終盤になり、己の立ち位...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンIX<上>
    完結
    創世計画の鍵を握る本能寺の変が目前に迫る中、P.A.Oda五大頂の一人、柴田・勝家が突如、賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いの開始を宣言。 "身内"の予期せぬ反乱に対応を迫られる五大頂および羽柴十本槍だが、柴田・勝家の真意は? その一方でトーリ率いる武蔵勢は、三征西班牙からの要請で本能寺の変に向けた事前会議を行うことに。ところが戦争大好き副会長、正純の"問題発言"によって、両陣営一触即発の事態に!?...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンIX<下>
    完結
    本能寺の最奥部でトーリ達を待ち受けていたものとは? いよいよ始まる本能寺の変! 末世解決の手掛かりを得るため、トーリ、ホライゾン率いる武蔵勢は本能寺へと突入を掛けるが、その先に何が待ち構えているのか? その一方で同時展開する、柴田・勝家が起こした賤ヶ岳の戦いに端を発するP.A.Odaと羽柴陣営の"先輩後輩対決"も、ますます激化。聖譜記述に殉じようとする者、抗おうとする者、様々な思いの...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンX<上>
    完結
    「創世計画を止める。そして末世を救う」 トーリ達の説得は届かず、信長は本能寺の変を断行。彼女の解説した創世計画に対し、世界各国はその計画を否定する武蔵と、是認する羽柴勢のどちらに付くのか選択を迫られていた。 そんな中、遂に始まる武蔵と羽柴勢の直接対決、大返しからの歴史再現として戦闘を仕掛けた羽柴勢に対して、正純が取った選択とは? 本能寺の変の後、秀吉不在の羽柴勢とキャッキャウ...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンX<中>
    完結
    「僕達は、貴女達の子として、貴女達を止めねばならない」 羽柴十本槍の片桐・且元がトーリ達に告げた衝撃の事実。トーリ達は未来において末世解決に失敗し、世界は滅びに向かう…。 滅びを“事実”として知る未来からの否定、そして思いがけず訪れた親子の面会に、一転して窮地に追い込まれる武蔵勢。そして遂に全容を現す羽柴の“切り札”。武蔵vs羽柴、因縁の対決第2ラウンド! 白熱する追撃戦の行方は―? ...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンX<下>
    完結
    「トーリ君と合体するんですよ!」 本能寺の変において信長が語った創世計画の是非を巡って対立する武蔵勢と羽柴勢。時を越えた親子対決の末、航空都市艦武蔵を失ったホライゾン達は、四国の地に封じ込められ、うどん王国の掟で一日一食うどんの刑!? さらには総長トーリを失い、国家間交渉の席を奪われた武蔵勢に逆転の目はあるのか? まだまだ終わらぬ武蔵vs羽柴の直接対決第2ラウンド。トーリ復活のため...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI<上>
    完結
    聖譜歴1648年、目前に迫った世界の終焉―“末世”を防ぐため奮闘する葵・トーリ率いる武蔵勢。織田・信長の残した創世計画の是非を巡って羽柴勢と対立、1501回や「オヤジ武蔵もう一丁」とかありつつも勝利し、未来へと希望を繋げる。 三河で約束したヴェストファーレン会議まで、残るは世界各国を巻き込んだ天下分け目の大イベント「関ヶ原の戦い」の歴史再現のみ! トーリ達はこの難題を成功させることが出...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI<中>
    完結
    下分け目の大イベント「関ヶ原の戦い」の歴史再現を乗り切ったトーリ達の前に現れた、因縁の相手と、とある有名人! さあ、誰だろうなあー!? 二人のオッサンの目的とは? そして、いよいよ始まるヴェストファーレン会議。世界各国の重鎮を相手に合流組やら後輩組も含めて、あっちの御国やこっちの御国、皆まとめて我らが副会長、本多・正純の弁論が冴え渡る―!? 「はっじまっるよォ―――――!」 川上稔が贈る...
  • GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI<下>
    完結
    不可能男トーリと記憶を失った自動人形ホライゾンの出会いから始まった、末世を巡る物語が遂に完結。ヴェストファーレン会議を経て末世解決の方法を示したトーリ達は、すべての元凶である「運命」との戦いに挑む!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン に関連する特集・キャンペーン