いま私たちが考えるべきこと(新潮文庫)

いま私たちが考えるべきこと(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

“私”は、私を取り巻く社会、学校、家族といった“私たち”の成員なのに、なぜそこに一体感を持ってないのか――。自主性って何だろう。民主主義は達成されているか。国家という概念にピンとこない。個性は伸ばすべきものなのか。そんな疑問の根底には、常に“私”と“私たち”を巡るややこしい問題があった。緻密で複雑な思考の迷路に導かれ、やがてあなたが辿る着くその「答」とは。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年01月31日
サイズ(目安)
1MB

いま私たちが考えるべきこと(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年11月01日

    私達が瞬間的にたびたび考えることを言葉にしました、というような内容。これだけ巧みに言葉をつないで論理を形成していけるということに脱帽しました。

    後ろの方にある、「個性を伸ばす教育」のあたりは自分とほとんど考えていることが同じでびっくりしました。

    本当は「前から思っていたこと」なんじゃなくて、「「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月14日

    「自分の頭でじぶんなりに考えるということが結構難しい、何故なら人間が他人に育てられるからである。」

     自分で考えないことは孤独でない、自分の事をかんがえろといわれて”自分のことを考える人”は孤独である。自分を考える為には全体から孤独になる(切り離す)覚悟が必要。

    「人の理解というものは、あるとき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月21日

    ヴィレッジバンガード横浜店で手に取った一冊。「なぜ、自分のことを考える前に他人のことを考えてしまう人がいるのか?」について考えることを起点に、近代について、国家についてと広がりました。

    頭がぐるぐるする一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    作家らしい社会論。「言論とは合意を得るためのもの」「『自分=自分たち』という錯覚は多数決原理の民主主義の中でとても起こりやすい」など、まさにいま、考えるべきことが書かれている。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年03月03日

    橋本さんどうしてこんな本を書こうと思ったんでしょうね。他人・自分、社会、近代・前近代、国家等々について、いろいろこねくりまわして書いてあるものの、今一つ伝わって来ず。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています