ファミリーデイズ

ファミリーデイズ

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

中学校教師として多忙な生活を送っていた著者。けれど40歳を目前に、想定外の妊娠発覚! 母となり、やんちゃな娘の育児に奮闘する毎日が幕を開け──。「乳児 太もも 太すぎ」とインターネットで悩みを検索し続けた日々。どんなときも至ってのん気でマイペースな夫。教職時代に生徒たちが教えてくれた、子育てにとって一番大切なこと……。“明日”がもっと楽しみになる、ほのぼの家族エッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
232ページ
電子版発売日
2019年12月06日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ファミリーデイズ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月07日

    瀬尾さんのお母さん日記のような作品。考え方や捉え方が素敵だなと思う。私もこれから育児が始まるのでその前にこれを読めてよかった。こんなふうに記録として残したいと思った(o^^o)♡

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月09日

    癒やされました〜。

    初の瀬尾まいこ作品ですが、すっかり瀬尾まいこファンにになってしまいました。

    ほのぼのした文体がいいです。

    そして何より、瀬尾まいこさんの、周りにいる人達への愛のある眼差し、にじみ出る真っ直ぐで前向きな人柄は、憧れます。

    こんな風に周りの人の個性を、社会を、愛情を持って受け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月23日

    ●育児エッセイ。ほのぼのしてて、素直な感性で書かれていて、つい笑ってしまうような本。

    ●結婚に対する不安、子供を持つことへの不安、子育てへの不安。悩むこともたくさんあると思うけれど、ほんわか前向きな文章で表してくれてて、心の角がとれるような本。

    ●「あんなにほしかった子どもがやってきたのだ。ーこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    瀬尾さん一家のあたたかさをお裾分けしてもらった気分。子どもへ向ける眼差しってこんなに優しくて素敵なものなんだと涙ぐむところもあり、旦那さんと子どもの行動にクスッとしたり。これから結婚して家庭を築くことが出来たら、瀬尾さん一家のような関係性になりたいなあ。瀬尾まいこさんのようなあったかい人になりたいな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    クスッと笑えるエッセイで
    こんなふうに日常を感じながら家族と過ごしたいなぁとホッコリ思える話でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月28日

    育児の合間に読みましたが面白いです笑
    何度か声出して笑ってしまいました!

    個人的には100ページのおばちゃんの発言が大好きです。
    「がんばってるにきまってるわな。言い間違いや。無理せんときって言わなあかん」

    あと、副担任のみか先生のエピソードで写真に呼びかけてる娘さん想像したらうるうるしちゃいま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月05日

    結婚してから子供が幼稚園のプレスクールを卒業する迄を描いたエッセイ集。
    殆どが娘の成長の話だが、とっても瀬尾まいこさんらしく子どもへの愛情がたっぷりと詰まっていて、またユーモアのある文章でとても心が楽しくなれた。
    直前に著者の「温室デイズ」という小説を読んでいたので題名つながりで手にとったが、題名は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月06日

    作者の日常が垣間見れ、その人柄にますますファンになる一冊。
    娘さんへはもちろん、旦那さんにもとても温かい視線を向けており、穏やかな空気を感じた。
    自分自身も子育て中であるが、穏やかとは程遠い毎日。
    作者のように日々を大切に、自分と家族とまっすぐに向き合いたいと改めて思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月28日

    明日も子育て頑張ろう^_^って思える1冊
    大好きな作家さんの1人である瀬尾まいこさんのエッセイということで気になって手にとりました
    ちょうど切迫早産で入院中に読んだのですが
    まさかの瀬尾さんも切迫早産で入院されていたとは!!共感の嵐でした
    子育てのエピソードも首が赤べこのようにうなずきっぱなしで
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月13日

    勢いで一日に前作のエッセイと合わせて二冊読んでしまった。内容は、前作に比べてクスッと思わず笑ってしまう言い回しが増えたな〜と。瀬尾さんの妊娠出産子育てエピソードは大変そうだけど愛が詰まってて、面白くて勉強になった。わたしが瀬尾まいこさんの本が好きなのは、作者が子どもや中学生に対して考えてることがわた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング