そして、バトンは渡された
  • 無料

そして、バトンは渡された

800円 (税込)

4pt

幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。
その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない“父”と暮らす。
血の繋がらない親の間をリレーされながらも、
出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき――。
大絶賛の2019年本屋大賞受賞作。

解説・上白石萌音

※この電子書籍は2018年2月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

...続きを読む

そして、バトンは渡された のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2024年02月18日

    映画化されて話題になってるからなんとなく手が伸びなかったけど、いざ読み始めると止まらなかった笑
    なぜか読み終わった後からじわじわと涙が出てくる。じんわーり、だけど確実に感動と優しさが伝わってきた。

    人生いろいろある。人それぞれ、つらいことや嬉しいことが起こる。だけど、それも全部ひっくるめて幸せだと...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2024年02月12日

    親が幾度も変わり、家族の形態が変わる女の子の物語。親が変わるのは親の都合によることが多いが、それでも毎度親が良い親でいてくれるように、娘もいい娘でいたいと思う娘。

    私はそんな優子の一生に、どこかあたたかみを感じるとともに、変わる親一人一人から受ける愛情のカタチはさまざまであると感じた。
    子どもは親...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2024年02月07日

    出だしの秋が結婚する秋だったよ、こう言うところ気付きたい人になりたいな、でも本当に運命を受け入れる力は凄いって、元々持ってるのかな優子は。次々と新しい親が出てきてその出来事を描くのか思うたけど、ちゃんとして読み応えある出来です。森宮さんが主役でした。接し方が正しいと思う、合唱の時の気まずさを脱して良...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2024年02月02日

    優子と親たちの関係って、音楽みたいだなぁと思いました。
    最初は血の繋がっている水戸さん夫婦がメロディーを奏でていたけど、1つ音が減って、そこへ梨花さんが来て、また2人で奏でるようになって…。
    そこで音楽は転調します。優子が2択を選ばないといけなくなって、優子は梨花さんを選び、音がまた1つになる。
    ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2024年02月01日

    心あったまる本
    読みやすいし難しくない、すっと入ってくる感じがします。
    家族の大切さ、家族の形を考える本でした

    0

    Posted by ブクログ 2024年01月29日

    読んでいると心がほっこりする、いい本。
    時々読み返したりしたくなると思うので、デジタルで読んだけど紙の本も買おうかな。
    映画も見てみたいから、それも楽しみ!

    0

    Posted by ブクログ 2024年01月28日

    「自分の明日と、自分よりたくさんの可能性と未来を含んだ明日が、やってくるんだって。」
    子供がいることで明日がふたつになり、未来が2倍以上になる。
    「確かに。」と思いました。もし自分に子供ができたら、大変なことや辛いことがたくさん起こると思うけれど、未来を子供と共に創り上げていきたい。

    0

    Posted by ブクログ 2024年01月26日

    本屋さんで何となく人気の本ゾーンに積まれていたので、何となく購入し、何となく読み始めた。
    文章は難しくないし、イメージしやすい。
    サラサラ、軽めの文章で読み進めた最後は、とても優しい涙が出て感動した。

    これから瀬尾まいこさんの本探しに出ます。

    0

    Posted by ブクログ 2024年01月22日

    心が温まる本でした。
    明日が2つになる、
    そうしたら私は明日が4つ
    こんなにできた人間にはなれないけれど、新しい考え方を学べた。優しくなれそう。

    0

    Posted by ブクログ 2024年01月21日

    心温まる
    冷静な主人公の思考回路が好き
    特段大きな悩みがないことは幸せなこと?と考えさせらる
    血の繋がりも勿論大事だけど、今目の前で一緒にいてくれる人を一番に想って過ごす幸せな時間が心をほっこりさせてくれた。
    愛情表現も十人十色で、人柄が分かって面白かった

    0

そして、バトンは渡された の詳細情報

  • 映画化

    「そして、バトンは渡された」

    2021年10月29日公開
    出演:永野芽郁、田中圭、石原さとみ

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

瀬尾まいこ のこれもおすすめ

そして、バトンは渡された に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す