ありがとう、さようなら

ありがとう、さようなら

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

作家・瀬尾まいこのもう一つの顔。それは中学校の「せんせい」でした。

本屋大賞ノミネート作家、瀬尾まいこのデビュー直後から3年半の日常をつづるほのぼのエッセイ。
給食で苦手な料理と格闘したり、生徒たちからの厳しいおしゃれチェックをなんとか切り抜けたと思えば、生徒会のやる気に感化されたり、合唱コンクールで胸がいっぱいになったり……。
奮闘する瀬尾せんせいと生徒たちのあたたかくてにぎやかな日常の合間に見える、それぞれの成長。「ありがとう」と「さようなら」がめまぐるしく襲ってくる学校という場所で過ごす日々は、瀬尾さんの作品世界すべてにつながる愛にあふれていた。
解説/北村浩子

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2019年04月24日
紙の本の発売
2019年04月
サイズ(目安)
2MB

ありがとう、さようなら のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月08日

    作者は本当に子供たちが大好きなんだな、と感じられるエッセイ。
    解説に、「きれいな水を飲んだときのような爽快感と、大げさではない優しい感動」、とあったが、まさにそんな気持ちになれる一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月13日

    瀬尾まいこさんが京都府の北の方の中学校の先生の時代を書いたエッセイです。中学生たちとのほっこりエピソードがいっぱいで、暖かい心になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月12日

    瀬尾さんの教師時代のエッセイ。
    瀬尾さんが担任の先生ってすごくない? めちゃくちゃ羨ましいよ~! こんな先生がいたら学校生活も全然違っただろうなあ、なんて思いながら読んだ。

    思春期真っ只中の生徒たちと過ごした濃密な時間が、瀬尾さんの小説に生きているのだとわかって嬉しくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    瀬尾先生のエッセイ。きっと、難しい問題が山積みなのだと思うが、その中にある前向きでほっこりする日々。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    瀬尾まいこさん、昨年9月に「そして、バトンは渡された」に出会ってから、(文庫本だと移動時に読みやすいこともあったりして、)ざざざっとまとめ買いをして、いくつか読んできて、いつもほっこりな読後感で温かい気持ちになるのですが、帯にある通り 『瀬尾まいこの全ての作品のルーツとなった“せんせい”時代を綴るほ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月26日

    瀬尾さんが中学教師時代に書かれたエッセイ。生徒や周囲の人に対するまなざしがとても暖かくて優しい。ほっこりさせられる書きぶりだった。瀬尾さんの著作にも,同じような優しさが出ていると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月04日

    いつもあたたかいお話を書く瀬尾さんは、生徒達のことを同じように暖かく思っていてほっこりしました。
    そして中学生という多感な時期ですが、中学生でもこんなかわいくて素直な部分もあるんだと微笑ましくなりました!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月25日

    瀬尾まいこ、エッセイ集。

    数々の作品を読んだけど、
    なるほど、中学校の先生なのですね!


    寝ること、食べることを大事にする様子や、
    苦手といいつつ、なんだかんだで走るのが好きなのかなぁと思わせるエピソードの数々が、作品に表れてるんだなぁと納得。
    『もう少し、あと少し』の陸上部の先生は、自分がモデ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    カフェ併設の本屋さんでかるーく読むために物色しててこちらを購入。
    瀬尾さんの温かい作品そのままの日常の描き方にほっこりしました。
    短編小説は苦手なんだけど、エッセイだと短くても読めるなぁ、とわかったので、機会があったら「ファミリーデイズ」も購入しようっと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    小説でなくエッセイ集でしたが、さすが瀬尾さん、爽やかで元気の出る文章でした。最近のお気に入りの作家です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています