未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること
  • 最新刊

未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 946円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

47都道府県はもはや維持できない。20年後の日本人はどこに暮らしているのか? 累計75万部超の『未来の年表』シリーズ著者最新作!映画に登場するゴジラが大都市を次々と破壊していくように、人口減少は、10年後、20年後の日本のどの地域を、いつごろ、どのような形で襲っていくのか?今回は、これまで誰も本格的に試みることのなかった2つのアプローチに挑んだ。1つは、現在を生きる人々が国土をどう動いているのかを追うこと。もう1つは、「未来の日本人」が日本列島のどこに暮らしているのかを明らかにすることだ。2045年までに全自治体の人口がどう変動するかをまとめた、最新版の「日本の地域別将来推計人口」が公表されて以降、その詳細を深堀りした一般書はなかった。本書はその先陣を切るものである。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2019年06月19日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
30MB

関連タグ:

未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月26日

     「地域別将来人口推計」などを統計資料を利用し都道府県ごと、政令指定都市ごと、その中の区ごとにそれぞれの自治体の将来を予想する。
     また人口増減の原因を自然増減、社会増減別に分けて検討する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月02日

    前2作の『未来の年表』シリーズに続く第3弾。各地域ごとに近い将来にどのような状態になるかを詳細に解説されていて、自分の地域がどうなるのか興味深く読んだ。都道府県の数がいつまで「47」が続くのか分からないという指摘には冷水を浴びせられた感じで驚きを感じる。名古屋の弱点の一つとして高齢者に不向きな広すぎ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月13日

    ドット型王国を作ることが、人口減少時代の生き残り策。

    具体例
    イタリア、ソロメオ村 人間主義的な経営
    丸亀町商店街 住むことのできる商店街
    ITの徳島県神山町 アーティスト、山登り愛好家、サーファーなど、ファンを獲得する

    縮みながら成長する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月24日

    読み終わって、なんというか暗澹たる気持ちになった。。今の生活を今の規模で維持できなくなる地域が数多く発生するのは確実なんだろうな。
    出産期にあたる自分にまずできることは子供を産むことくらいだけど、それにしたって命懸けだし、子育てしづらい社会だし、がんがん産むぞーという気持ちにはなれない。環境が整わな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    人口減の不都合な真実を公的機関から公表されているデータを用いて分析しています。趣味で、不動産の値段を調べていると都内の人気地区と例えば、関西のとある地区を比べてみたりすると、え、こんな安いの?と思うこともある。
    安いのではなくて、二極化が進んでおり、今後、益々これが広がりを見せるのであれば、どこに住...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    様々な指標の中で、信用性の高いと言われている人口動態。

    この人口動態について、世界全体もだけど、
    もう少しマクロな日本各地の動きについて、
    知っておきたいなと思い、購入。

    日本の人口減ります、以上ではなく、
    そこから、筆者が最大の危機と書いている、
    「遊ぶゆとり」がなくなることに対して、
    いかに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月02日

    良い。
    人口減少は避けられない。のに、見ない様にしている様だ。政治家はそんな馬鹿じゃないと思いたいが。
    住む場所は身軽にして、高齢になったら、便利な場所に住んだ方が良さそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月30日

    これから、日本の人口が減ることはわかっているけれど、「どのように減るのか、正しくわかっているわけではない」ということで、手に取ってみました。

    ちなみに、自分が今住んでいる市町村は、比較的、若い人が多く、現時点では人口が増えていますが、2045年には、今と比べると、かなり人が減るようです。
    また...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月19日

    大阪市や名古屋市、仙台市などの政令指定都市は近隣から人を集めているが、同時に東京圏へ人材を供給しているそうだ。そうじゃないかと何となく分かっていたことを、著者が各種統計データを読み解いてデータで示す。子供を産む年齢の女性が地方から首都圏に移動していたり、東京では高齢者がさらに住みにくくなるなどだ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月24日

    ベストセラー「未来の年表」シリーズの著者が、新たな視点として、日本国内の都道府県、市町村の人口動態と今後どのような人口変化が起きるか、そして、避けられない人口減少への対応策を述べています。
    相変わらず、データに基づいた、かなり正確な予測を示したうえで、今後の処方箋を描いているわけですが、この世界的に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
    日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか? 第1部では「人口減少カレンダー」とし、2017年から2065年頃まで、いったい何が起こるのかを、時系列に沿って、かつ体系的に示した。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として、なるべく具体的に提示した。本書は、これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書となる。
  • 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
    本書は、『未来の年表』の続編である。ベストセラーの続編というのは大抵、前著の余勢を駆った「二匹目のどじょう狙い」である。しかし、本書は決して二番煎じをしようというものではない。「人口減少カレンダー」だけでは、少子高齢化という巨大なモンスターの全貌をとらえるには限界があった。だから今回は、全く違うアプローチで迫る。
  • 未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること
    47都道府県はもはや維持できない。20年後の日本人はどこに暮らしているのか? 累計75万部超の『未来の年表』シリーズ著者最新作!映画に登場するゴジラが大都市を次々と破壊していくように、人口減少は、10年後、20年後の日本のどの地域を、いつごろ、どのような形で襲っていくのか?今回は、これまで誰も本格的に試みることのなかった2つのアプローチに挑んだ。1つは、現在を生きる人々が国土をどう動いてい...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること に関連する特集・キャンペーン