未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか? 第1部では「人口減少カレンダー」とし、2017年から2065年頃まで、いったい何が起こるのかを、時系列に沿って、かつ体系的に示した。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として、なるべく具体的に提示した。本書は、これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書となる。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2017年06月14日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

関連タグ:

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月01日

    少子高齢化による人口減少でで日本がどのような未来になるのかを、将来推計人口データに基づいて未来予測を行い、次世代のために取り組むべきことを提言した本。

    即効性のある解決策が存在しない人口減少問題。この問題に対応するには、人口減少により起こる現象を予測し、それに対処できるよう今から協議することです。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    ほぼ確実に訪れる人口数、人口構成の変化から派生する生活環境の変化を年度毎に年表としとまとめ、徐々に生じる日本社会の老いゆく姿を描いている。さぁどんな対策を打ち、子供に明るい未来を残そうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    危機感満載。実にわかりやすく少子高齢化による危機を捉えることができる。できることからもう始めなくては、と焦燥感に駆られる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月19日

    少子高齢化について書かれたベストセラー。

    少子高齢化の問題点について、皆具体的にイメージできていない。
    なので、近い未来に起こるであろう状況を、具体的な年とともに記載する。
    今も確かに傾向として感じられることが、どんな事態になるのか、示される事で、自ずと危機感が身近に感じられるようになっている。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    読んで良かった!

    ゆかり 2017年12月06日

    高校生の息子に読ませたいとおもう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月18日

    高負担高福祉とか低負担低福祉とかの話題が出ているが、この本を読んで日本の少子高齢化、人口減少を理解すれば、高負担低福祉にならざる得ないとわかる。
    食料自給率が低い日本は、食料を輸入することで、本来食料生産に必要であった自国の水を使わずに済んでいた。これを単純に言えば、日本は水の輸入大国ということ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月31日

    冷静に一本筋の通った議論をされていて、国防上の離島の役割など意外な視点もあり、勉強になった。

    *以下メモ
    高齢化問題は都市問題である。
    高齢化対策と少子化対策は別。
    出生可能女性人口が減っているので、出生率を上げても、少子化に歯止めはかからない。
    生産年齢の減少は人口減少のスピードを上回っている。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月09日

    これから少子高齢化が進む中で、どのような課題に直面するか時系列でわかりやすく解説されていた。
    このような本で珍しく最後に提案が書かれている。
    テクノロジーの発展については考慮されておらず(むしろ期待するなと述べている)、そういう視点ももう少しあると良かったかも

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月29日

    数年前に話題になったベストセラー本。人口統計を基にこれから日本に起こる事態を克明に記載されており、グラフだけではいまいちピンと来ない事柄が非常に分かりやすく解説されている。中々の衝撃、「マジか」と恐怖すら感じる現在進行形の未来。決して他人事にできない、楽観視もできない課題だけにしっかりとした危機意識...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月28日

    人口減少・少子化をテーマとした本。

    読めば読むほど未来の日本見えてくる。
    イメージではなく、具体的な数字を出して説明してあり、納得できた。

    p146の日本の未来では、暗い未来が想像できて怖い。

    問題解決のための「10の処方箋」では、
    暗い未来を並べるだけでなく、日本が輝きつづけるには、
    どうす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
    日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか? 第1部では「人口減少カレンダー」とし、2017年から2065年頃まで、いったい何が起こるのかを、時系列に沿って、かつ体系的に示した。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として、なるべく具体的に提示した。本書は、これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書となる。
  • 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
    本書は、『未来の年表』の続編である。ベストセラーの続編というのは大抵、前著の余勢を駆った「二匹目のどじょう狙い」である。しかし、本書は決して二番煎じをしようというものではない。「人口減少カレンダー」だけでは、少子高齢化という巨大なモンスターの全貌をとらえるには限界があった。だから今回は、全く違うアプローチで迫る。
  • 未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること
    47都道府県はもはや維持できない。20年後の日本人はどこに暮らしているのか? 累計75万部超の『未来の年表』シリーズ著者最新作!映画に登場するゴジラが大都市を次々と破壊していくように、人口減少は、10年後、20年後の日本のどの地域を、いつごろ、どのような形で襲っていくのか?今回は、これまで誰も本格的に試みることのなかった2つのアプローチに挑んだ。1つは、現在を生きる人々が国土をどう動いてい...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること に関連する特集・キャンペーン