未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  • 値引き

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

作者名 :
値引き価格 529円 (税込)
通常価格 756円 (税込)
紙の本 [参考] 820円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか? 第1部では「人口減少カレンダー」とし、2017年から2065年頃まで、いったい何が起こるのかを、時系列に沿って、かつ体系的に示した。第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として、なるべく具体的に提示した。本書は、これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書となる。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2017年06月14日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2018年11月30日

日本は少子高齢化のスピードが早い、と
なんとなく聞いていたが
今後の日本の姿を垣間見ることで
少子高齢化を実感できた。

少子高齢化の問題は
介護や労働力不足に目がいきがちだが
自治体運営が成立しなくなることが
より問題だと感じた。

高齢化と少子化は別問題であること、
高齢化の問題は
地方より都会...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月19日

前半読んでいると、くらーい気持ちになりました。日本の未来は明るくないと。
たた、読んでる時に1つの違和感が。
極めて資本主義的な発想を基に書かれていて、要は16世紀的な「世界はどこまでも広がるばかり」という発想だと明るくないということなのかと。

ラストの「未来への提言」を読んで納得。
提言は要する...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月11日

「静かなる有事」→国家改造 戦略的に縮む 多くの痛みある改革
1.出生数の減少
  2016年100万人を切った 今後も減少65年55万人 1949年270万人
2.高齢者の激増
3.勤労者の不足(社会の担い手)
4.複合的人口減少

第1部 人口減少カレンダー
2017年 「おばあちゃん大国」に変...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月03日

■人口減少カレンダー
2017/「65~74歳」人口が減り始める
2018/75歳以上人口が「65~74歳」人口を上回る
2019/ITを担う人材がピークを迎え人手不足が顕在化し始める
2020/女性の過半数が50歳以上となり出産可能な女性数が大きく減り始める
2021/団塊ジュニア世代が50台に突...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月31日

私も常々、少子高齢化が日本の最大の問題と漠然と考えていたこともあり、たまたま本書を目にしたため読んでみました。正直驚き、目から鱗でした。少子と高齢化は似て非なる問題で対処も異なるということや、政府が目指す出生率がそもそも2を割っている時点で、遅かれ早かれ人口は減少するということなど、ごく当たり前なの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」に関連する特集・キャンペーン