結物語

小説5位

  • 最新刊

結物語

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

怪異譚となる前の"風説"を取り締まる、直江津署風説課で働きはじめた警察官・阿良々木暦。町を離れた、ひたぎと翼。23歳になった3人が選ぶ道と、暦が最後に伝える想いとは…?永遠に、この恋心はほどけない。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社BOX
電子版発売日
2017年01月12日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年05月16日

物語シリーズ、オフシーズン最終巻。
この後もモンスターシリーズという新シリーズが始まるらしいけれど、とりあえず完結。本編の最終巻同様、読後感の爽やかな良いエンディングだった。

物語の締めとして、語り手は久しぶりに阿良々木暦。23歳になった彼と、かつて彼を取り巻いていた少女達の現在が語られる。
一番...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月27日

オフシーズン最終巻。
23歳になった暦はなんとキャリア警察官になっていた。
まじか!(笑)
いやまあ、両親も警察官だったけどね。
しかも、火憐ちゃんも警察官になっていたとは。
いやこっちは予想通りか。

本巻は怪異がらみのエピソードもあるにはあるけど、それよりも5年たった登場人物たちの消息がメイン。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月28日

人は同じ「場所」に居続けることはできない。自分も周りも成長して変化し続ける。将棋の桂馬みたいなものかもしれない。同じ間隔でもう一歩進めばまた違った未来がそこにはある。しかも同じ歩幅とは限らないし、またどちら向きかも自由自在だ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月14日

物語シリーズとしては小粒な話。老倉がいい感じの味出していてちょっと好き。八九寺との会話がなかったのが寂しかった。
ところでこのシリーズ、これで本当に終わらすんだよね?いい加減本当、ちゃんと終わらせてほしいよ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月13日

書き下ろし

 なんと阿良々木暦が上級職の警察官に合格し、警部補として直江津署で研修する。そんな不自由なつまらないヤツになっていいのか!と思ってしまう。

 配属された「風説課」は臥煙さんが仕込んだらしい奇妙な部署で、濡れると魚に変身したり、ゴーレム(泥人形)で土に帰れたり、狼に変身したりする職員が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play