源氏物語 巻四

源氏物語 巻四

作者名 :
通常価格 691円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

明石の君母子の哀切な子別れ。最愛の人藤壺の宮の崩御。長男夕霧の大学入学と幼い初恋。亡き恋人夕顔の娘、玉鬘がたどる波瀾の運命。広大な自邸・六条の院に愛する女君たちを住まわせ、栄華をきわめた源氏31歳から36歳までを描く。第4巻は、薄雲・朝顔・乙女・玉鬘・初音・胡蝶を収録。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2014年12月12日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2013年01月13日

源氏は明石の姫君を京に連れてきて、紫の上に育てさせることにする。
恋敵(明石の君)の生んだ子に愛をそそがなければならない紫の上がすごくかわいそう。

また、源氏32歳の春に、最愛の藤壷の宮が他界する。
そして、2人の子どもである冷泉帝は自分が不義の子であることを知らされる。

一方、葵の上との間に生...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月27日

養子として迎え入れた夕顔の娘、玉鬘に手を出そうとするところが最大の見どころ。巻末の解説で分かったけど、六条の院(源氏のハーレム)が後楽園元球場の5倍ほどもあるっていうのが驚き!なんちゅう広さだ…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月14日

長いヨーロッパへの旅の途中で読破。日本の風情、日本の香りが描かれていて、故郷が懐かしくなる。源氏物語は本当に香りの描写が多い。香りに関する記述に印をつけていったら、ブックイヤーがたくさんできてしまった。

源氏が都に戻ると、暗かったお屋敷が明るさを取り戻した。そんなお屋敷にお気に入り女子たちを集めて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月19日

一日中臥せって、苦痛の抜けかけた朝ぼらけに、少し壁にもたれて起き上がり、残していた「源氏のしおり」を夜明けの薄明かりの中に読んだ。目に留まるのは、登場する女たちの短命さについて、である。
漠然とした魂魄の頼り無さの中にあってこそ感じる、それを包み、繋ぎ留める事象の冷ややかさ、人の身体に宿る温もりと授...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月25日

関係のあった女性をいつまでも面倒をみて、源氏を見直したと思ったが、玉鬘に対する態度でやっぱりね!六条の院の描写はその場にいたいと思わせる。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「源氏物語」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play