源氏物語 巻三

源氏物語 巻三

作者名 :
通常価格 745円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

謀反の咎めを受け須磨へと都落ちした光源氏は、わびしい流謫の地で明石の君と逢い、結ばれる。晴れて帰京の後、源氏と藤壺の不倫の子・冷泉帝が即位し故六条御息所の娘・前斎宮が妃として入内。明石の君との間には姫が誕生し、栄華の絶頂へと向かう源氏31歳までのドラマを描く。第3巻は、須磨・明石・澪標・蓬生・関屋・絵合・松風を収録。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2014年12月12日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2017年03月27日

光源氏は、帝の愛する人との密通現場を押さえられ、官位を剥奪され、流罪になる前に自ら都を出てから戻るまでの話。最後にある「源氏のしおり」で復習すると、物語がまた一層わかる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月13日

異母兄・朱雀帝の寵姫である朧月夜の君との逢瀬を契機に凋落していった源氏は、須磨への都落ちを決める。
 身はかくてさすらへぬとも君があたり
 去らぬ鏡の影は離れじ

 別れても影だにとまるものならば
 鏡を見てもなぐさめてまし
という源氏と紫の上のやりとりがとても美しい。

邸を須磨から明石へと移した...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月23日

やっぱり巻末の寂聴さんの解説が面白い!
朱雀帝の不憫さや、源氏の立ち回りのうまさがはっきり分かる巻。
明石の君にも紫の上にも良い顔をして調和をとろうとするあたりや、御息所の娘である齋院を利用して政略結婚を企てるあたり、この男のしたたかさがうかがえる…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月14日

光源氏26歳の記録。プレイボーイ盛りの源氏は、異母兄弟である兄帝のご寵愛する姫に手を出してしまい失脚!遠く(といっても明石なんだけど)に流されてしまう。そんな危険を背負ってまで手を出さなくても…と思ってしまうのだが。

そんなこんなですっかり落ち込んでるかと思いきや、明石でも素敵な女性を見つけてしま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年07月30日

明石の君は本当に思慮深い方ですねえ…
でも紫の上のこともっと気遣いなさい!げんじ!
あ、でも一番好きな話は絵合せの回です。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「源氏物語」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play