今日もあの子が机にいない 同和教育と解放教育

今日もあの子が机にいない 同和教育と解放教育

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

1970~80年代、学校教育の現場で部落差別問題に対処する、同和教育と解放教育という二つの取り組みが行われた。そこで「救われた」著者が、それらを回顧しまた総括する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
ページ数
268ページ
電子版発売日
2018年12月14日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

今日もあの子が机にいない 同和教育と解放教育 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年05月28日

    解放教育の全盛期から衰退までを検証したルポルタージュ。筆者の回顧も交えた河内の実践→八鹿高校事件・世羅高校事件→同和教育・解放教育の現状と再び筆者の回顧という構成。

    その発展があくまでも「国家権力」を後ろ盾にしていたが故に可能となったものであり、またこれに付随する様々な歪みや悲劇があった事実を析出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています