聖路加病院訪問看護科―11人のナースたち―

聖路加病院訪問看護科―11人のナースたち―

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

たった一人で患者宅を訪れ、医療行為から生活面のケアまで全てをこなす「訪問看護師」。在宅介護や在宅死が大きな注目を集め需要が高まる中、その数は急速に増えつつある。そうした数ある訪問看護ステーションの中でも最先端を走るのが聖路加病院だ。11人のナースたちが昼夜を問わず飛び回る。終末期医療から難病の小児まで――「よりよく生きることとは何か」に正面から向き合う彼女たちの等身大の姿を描く。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
190ページ
電子版発売日
2011年12月28日
紙の本の発売
2007年05月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

聖路加病院訪問看護科―11人のナースたち― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年08月25日

    聖路加というブランドで訪問看護、在宅医療をどのように行うのか訪問看護科たちあげのドキュメンタリ。
    最初は病院に付属した形での訪問看護であったが、(それは聖路加に入院していた人が自宅に帰ることを希望したら訪問看護ができる)訪問看護ステーションとして地域医療に密接した在宅看護をめざす。

    訪問看護師の奮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月24日

    この手の看護師目線の本はよくあるが、ルポライターからの視点というのが新しかった。
    一環とした冷静さと複数の目線から訪問看護を見つめていて、1人の看護師による熟考した内容でなく、その都度インタビューで拾った生の声が描かれていて、はじめて訪問看護に対して逃げ腰になった。
    ステーションではなく病院の訪問看...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    訪問看護に少し興味があるときに読んだんだけど、
    それよりもこの師長さんの寛大な考えがいいと思った。
    そして病院のブランドの意味がかなりわかった。。
    こればかりは都会にいかないとわからないわ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月22日

    ・聖路加国際病院の訪問看護師は病棟勤務後配属される。訪問看護科には医師がいない。(入院時の主治医が各訪問先の医師であるため)看護師の個々人の判断が必要。
    ・聖路加国際病院の訪問看護ステーションは公衆衛生看護部→訪問看護科を経てできた。
    ・看れる患者は遠方でも対応する。(聖路加国際病院に入院されていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月06日

    聖路加=富裕層のイメージが強かったが、生活保護の方も多いのにちょっと驚いた。今後ますます増えていく老老介護。安心して介護を受けられる時代は来るんだろうか・・・自分の老後がちょっと心配。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月19日

    人がどうして在宅死を望むのか。
    財団法人『日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団』2005年
    の研究で、83.3%の人が在宅で最期を迎えたいといっている。
    しかし、そのうちの80%はそれが無理ではないかという。

    訪問看護はいう。『やはり自宅で過ごせれば、誰にも気兼ねなく、趣味や、好きなことを好きなだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています