日本の路地を旅する

日本の路地を旅する

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
紙の本 [参考] 781円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

大宅壮一ノンフィクション賞受賞。中上健次はそこを「路地」と呼んだ。「路地」とは被差別部落のことである。自らの出身地である大阪・更池を出発点に、日本の「路地」を訪ね歩くその旅は、いつしか、少女に対して恥ずべき犯罪を犯して沖縄に流れていった実兄との幼き日の切ない思い出を確認する旅に。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
379ページ
電子版発売日
2013年05月10日
紙の本の発売
2012年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

日本の路地を旅する のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年05月03日

    路地(被差別部落)出身の作者が全国の路地を旅するノンフィクション。

    小中と同和教育が盛んな学校に私は通っていて、ずっと何故盛んなのか不思議に思っていた。

    積年の謎が少しだけ解けた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月27日

    東京生まれ東京育ちの自分は、ほぼ同和問題とは無縁の生活を送ってきたが、何故か、惹かれる。不謹慎なのは承知してるが、怖いもの見たさや、知らない世界を教えてくれるような気がする。

    人間の本質なのか、人より優位に立ちたいという思いが、差別を産み、より弱いものいじめに走る。なんともやりきれない。

    作者は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月30日

    日本全国の被差別部落を歩く旅行記。
    あくまでも現在を知るための本なので詳しい歴史に関しては塩見鮮一郎なんかの本と合わせて読むのがいいかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月24日

    路地=被差別部落、そして同和。エタ、非人など、タブー視されてきた問題に力む事なく、しかし力強く迫った渾身のルポ、か?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月24日

    本書はかつて中上健次が「路地」と呼んだ被差別部落。自身もその出身者である著者が日本全国に存在する路地を旅する異色のノンフィクションです。ある意味で貴重な記録であると思います。彼らの息遣いが聞こえます。

    「被差別部落」行政用語で言うところの「同和地区」。作家の中上健二氏はそこを「路地」と称していた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月16日

    上原善広の別の本『断薬記 私がうつ病の薬をやめた理由』を読んで、その後にこの本を読みました。
    被差別部落の内容を書いた内容ですが、真実かどうか?ともかくとして、内容が大変面白かったです。
    父親の一生を描いている内容ですが、すべてが真実である必要はないのかな、と思いながら楽しんで読めました。
    親のこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    身近にあった路地。よく知っているつもりだったけど、知らないこともたくさんあった。素朴な疑問。屠場で働く人は差別されるが、肉は高級品。何故だ?屠殺が汚らわしいてか?命を射るもの、命を食すもの、同じやん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月09日

    路地とは、かつて中上健次がそう呼んだ被差別部落のこと。筆者は自らのルーツである大阪更池を皮切りに、全国の路地を訪ねていく。私も大阪の下町で育ち、作者とほぼ同年代であるから、その雰囲気くらいはわかる。友人にも路地の子がいた。全国には6000を超える路地があるという。おそらく気がついていないだけで、身近...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月18日

    地方を含め様々な同和地区を探索したエッセイ。
    同和地区の成立ちや文化等無知な部分多かったため、非常に興味深く面白く読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月25日

    私が通っていた小学校には同和地区がなかったため、被差別部落という言葉すら知りませんでした。中学生になったとき、1学年に10人はいるかいないかの割合で、英数国の主要3教科の授業だけ別室で受ける生徒がいる。促進学級と呼ばれるそのクラスでは、被差別部落出身の生徒が先生と1対1で授業を受けていました。親が十...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング