断薬記―私がうつ病の薬をやめた理由―(新潮新書)

断薬記―私がうつ病の薬をやめた理由―(新潮新書)

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

二〇一〇年、うつ病と診断された。大量の向精神薬や睡眠薬を飲み、通院する日々。執筆意欲は衰え、日常生活を律することも叶わず、自殺未遂を三度も起こしてしまう。「薬はもう飲みたくない」。その思いから医療関係者への取材を敢行、「減薬」に挑み、そして遂に「断薬」に――。心の支えとなる主治医との出会い、専門医との協力、副作用への対処、荒行のような湯治……試行錯誤の過程をすべて明かした、大宅賞作家による衝撃の私記。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2020年05月22日
紙の本の発売
2020年05月
サイズ(目安)
3MB

断薬記―私がうつ病の薬をやめた理由―(新潮新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月29日

    うつ病になり何年も薬漬けになっていた著者が、断薬にいたるまでのノンフィクション。草津の時間湯での湯治体験や、断薬を推奨する医師たちへのインタビューなどが興味深い。しかし服薬断薬以前に著者の人間性の最低さに唖然。すべて幼少期のトラウマが原因と自己分析しているけれど、いや、でもこれはないなー。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています