作家刑事毒島

作家刑事毒島

作者名 :
通常価格 667円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

新人賞の選考に関わる編集者の刺殺死体が発見された。三人の作家志望者が容疑者に浮上するも捜査は難航。警視庁捜査一課の新人刑事・高千穂明日香の前に現れた助っ人は、人気ミステリ作家兼刑事技能指導員の毒島真理。冴え渡る推理と鋭い舌鋒で犯人を追い詰めていくが……。人間の業と出版業界の闇が暴かれる、痛快・ノンストップミステリ!

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2018年10月09日
コンテンツ形式
EPUB

「作家刑事毒島」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年04月26日

ものっそい「キャラの濃ゆい」探偵役(^ ^;
ずば抜けて頭脳明晰で、計算高くて嫌味で、
常に人を見下した態度でヘラヘラしている(^ ^;
とてもじゃないけど「好きになれない」キャラ(^ ^;

肩書きは作家兼警察の嘱託指導員みたいな。
なので「物書き」として出版社やテレビ局と付き合い、
「警察官」と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月15日

作家にして刑事である毒島が毒舌で犯人を追い詰める短編集。同時に出版界やテレビ業界の闇も描かれていて,出てくる人物の濃さがすごい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月15日

なんか読むのしんどかったわー。
毒島さんのキャラクターは良かったんだけども、イタい人ばっかり出てきて……作家をめぐる人達、あんな人達ばっかりじゃないはず(^_^;)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月11日

なんて人が悪いんだ、作家で刑事のこのおっさんは!と思いながら、言葉で追い詰めてうふふと意地悪く薄笑いしてみたい自分もいるのを感じる。
七転八倒の中山さんが刑事になったらこんな感じ?悪いことをして捕まったらこんな取調べが待っているのはいやだなぁ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月20日

出版界の闇のお話。
だいたい先生と呼ばれるような職業に、まともな社会人は居ないわけで、まぁ作家もその一角を担う存在なのだ。
元警官の毒島が、出版業界出来ないから起こったさまざな事件を解決する短編小説。まぁ、当然続編はあるだろう。
だって、面白いもの。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,757

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!