真っ向勝負 火盗改しノ字組(一)

真っ向勝負 火盗改しノ字組(一)

作者名 :
通常価格 764円 (695円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「鬼役」の坂岡真、渾身の新シリーズ発進!
火盗改の駆け出し侍が、個性豊かでアクの強い仲間たちと江戸の巨悪に敢然と立ち向かう。

九代将軍徳川家重の治世。越後新発田藩の浪人の息子・伊刈運四郎は、直参旗本・坂巻讃岐守に中小姓として召かかえられるが、出仕初日から御先手筒(鉄砲)組二十四番の手伝いを命じられる。
筒組二十四番は火付盗賊改の助役代理を命じられていて、運四郎も火盗改の見習いになってしまったのだった。
初仕事は、口から鯖の尾鰭が飛び出した血腥い屍骸の検分――。

火盗改本役の弓組二番は優秀な人材が集められたエリート集団。
かたや、筒組二十四番は出世とは無縁な外れ者ばかり。
博打にのめり込んでいる者、金勘定にやたら細かい者、記憶力だけは抜群に良い者、変装に長けた者などなど、個性的でアクの強い連中がいがみ合うが、顔に大きな刀傷がある供頭・杉腰小平太がまとめ上げて、難事件に立ち向かう。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2018年08月03日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

真っ向勝負 火盗改しノ字組(一) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

火盗改しノ字組 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 真っ向勝負 火盗改しノ字組(一)
    「鬼役」の坂岡真、渾身の新シリーズ発進! 火盗改の駆け出し侍が、個性豊かでアクの強い仲間たちと江戸の巨悪に敢然と立ち向かう。 九代将軍徳川家重の治世。越後新発田藩の浪人の息子・伊刈運四郎は、直参旗本・坂巻讃岐守に中小姓として召かかえられるが、出仕初日から御先手筒(鉄砲)組二十四番の手伝いを命じられる。 筒組二十四番は火付盗賊改の助役代理を命じられていて、運四郎も火盗改の見習いになってしまったのだった。 初仕事は、口から鯖の尾鰭が飛び出した血腥い屍骸の検分――。 火盗改本役の弓組二番は優秀な人材が集められたエリート集団。 かたや、筒組二十四番は出世とは無縁な外れ者ばかり。 博打にのめり込んでいる者、金勘定にやたら細かい者、記憶力だけは抜群に良い者、変装に長けた者などなど、個性的でアクの強い連中がいがみ合うが、顔に大きな刀傷がある供頭・杉腰小平太がまとめ上げて、難事件に立ち向かう。
  • 武士の誇り 火盗改しノ字組(二)
    江戸を震撼させる凶賊「因幡小僧」の正体とは? 若き新参侍の成長を、江戸情緒とともに描く、新シリーズ第二弾! 火付盗賊改方の伊刈運四郎たち「しノ字組」は、白兎の面を被る極悪非道の凶賊「因幡小僧」を追うが、杳として尻尾が掴めない。 火盗改をせせら笑うかのように、次々と大店が襲われる。 仲間内に内通者がいるのか!? 一方、内勤の同心・野々村が質草に流した妖刀・村正が辻斬りに使われたことが判明。 買い手を探る運四郎をなぜか白兎の凶刃が襲う。 運四郎は悩む。 凶賊と闘うのは手柄を上げたいからか、しノ字組の仲間に認められたいのか、己の矜持か? 人は斬りたくない。 しかし、ここは生死もままならぬ修羅場。 運四郎は、生きるために刀を抜く。 絡み合う事件の背後に蠢く巨悪を討て!
  • 生か死か 火盗改しノ字組(三)
    「葵蜥蜴」の尻尾を掴め! 「鬼役」の坂岡真が火盗改の活躍を描く痛快捕物活劇 白昼堂々と商人を襲う盗賊「葵蜥蜴」は元飛脚と目される韋駄天揃い。 火盗改・伊刈運四郎は、一味によって、菜売りの母が娘を遺して刺殺される現場に出くわすも取り逃がしてしまう。 やがて一味の塒が判明し、「しノ字組」は急襲を仕掛けるも空振りに終わる。 そこで、さる寺から紛失した閻魔像の右目の瑠璃玉を見つけた運四郎は、帰路、隻眼の雲水に襲われる。 「杉腰小平太に伝えておけ。わしはまだ生きておるとな」――。 葵蜥蜴、雲水、しノ字小平太の絡みつく因縁……。謎が謎を呼び、運四郎は困惑する。そして再び、白昼に大名貸しの商人が襲われた! 新参同心が悪を絶つべく、大江戸を疾駆する〈しノ字組〉シリーズ、待望の第三弾!
  • 不倶戴天の敵 火盗改しノ字組(四)
    掃き溜め者の意地を見せよ! しノ字の傷に隠された宿縁とは?  凄惨な押し込みを働く「六道の左銀次」を追う「しノ字組」伊刈運四郎。 女郎が人買い船に売られているとの噂を耳にしたのと同じ頃、 江戸城大奥の御殿女中も行方不明に。 女たちの失踪は、左銀次の仕業なのか。 謎に迫る運四郎は、供頭・小平太が絡んだ五年前の事件に行き着く……。 しノ字組を最悪の危機が襲う、シリーズ第四巻。 抗い難い黒幕の影に、どうする運四郎?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています