宮廷神官物語 十二(角川文庫版)

SF・ファンタジー 12位

  • 最新刊

宮廷神官物語 十二(角川文庫版)

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

歴史と伝統の国、麗虎国。次期大神官の鶏冠は、相変わらず市井の民に学問を教えるべく、身分を隠して奔走している。そのそばには成長した天青の姿があった……。皆が待ち望んだ、その後の物語がここに!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
宮廷神官物語シリーズ
電子版発売日
2021年03月24日
紙の本の発売
2021年03月
サイズ(目安)
2MB

宮廷神官物語 十二(角川文庫版) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年04月03日

    まさに、まさしく、奇跡の物語で、読み終わるのがもったいなくてもったいなくて、涙が止まらなくて…こんなに幸せなことがあって良いのかと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月31日

    まさかの続編!
    相変わらずの世界観で飽きさせない。
    こーなってたらいいなと思う未来が本作で、とても楽しめた。悪役は悪役らしくハラハラドキドキとさせてくれ、鶏冠と天青の絆も素晴らしく、櫻嵐と藍晶も良かった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月02日

    続編というか、ファンへのオマケ巻といった風合いの一編。
    悪役は悪役らしく愚かで狡猾、主人公たちは清廉で平等、というお約束な感じで読みやすい。
    実際、全てのヒトが平等であれ、というのは現代だからこその発想だと思うのだけれど、まあその時代に生きてないから真相はわからない。だけどこういう優しい物語も時には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月27日

    思い描いてたものと違ったけど、これはこれで楽しめた。
    でも、ここまでくると、ちょっと出来過ぎな感じもあるな…

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年05月02日

    宮廷神官物語その12。

    訳あってその11を飛ばして読んでしまったが、その後の物語。
    藍晶が王となり、曹鉄と櫻嵐に娘、翠嵐が生まれている。
    天青はすっかり大人になってしまっていて、
    どちらかといえば翠嵐が主人公かも。

    いよいよ鶏冠が大神官になるが、すんなりとはいかず、
    事件は起き、王の命が狙われる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

宮廷神官物語(角川文庫版) のシリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • 宮廷神官物語 一(角川文庫版)
    古き良き伝統の国、麗虎国。美貌の宮廷神官・鶏冠は、王命を受け、「奇跡の少年」を探している。しかし候補の天青はとんでもない悪ガキ。この子が?と疑う鶏冠だが、その晩、天青ともども命を狙われ……。 ※本書は、二〇〇七年十月、小社より刊行された角川ビーンズ文庫『宮廷神官物語 選ばれし瞳の少年』を改題し文庫化したものが底本です。
  • 宮廷神官物語 二(角川文庫版)
    人の悪しき心を見抜くことができる奇蹟の少年・天青。 その能力は、次代の大神官に必要な強大な力だ。 けれど天青の中身はただのやんちゃな小僧……。 そこで、麗虎国の宮廷で、神官書生として学ぶことに。 保護者代わりの美貌の神官・鶏冠と、守り役で武人の曹鉄がいるから平気、なんて 甘く考えていた天青だが、待っていたのは神官書生たちのイジメ!  持って生まれたガッツで戦う天青だが、ちょっぴり疲...
  • 宮廷神官物語 三(角川文庫版)
    「奇蹟の眼」を持つ少年・天青は、麗虎国の宮廷で、神官書生として学んでいる。初めての夏休み、友人と街へ出かけた天青は、水不足にあえぐ人々を目にして驚く。ところが直後、天青は人違いで誘拐され……。 ※本書は二〇〇八年七月に『宮廷神官物語 渇きの王都は雨を待つ』として小社角川ビーンズ文庫より刊行された作品を加筆・修正の上、改題し角川文庫化したものです。
  • 宮廷神官物語 四(角川文庫版)
    もう一人の、「奇蹟の眼を持つ少年」が現れた! 第二の慧眼児登場かと沸き立つ人々とは対照的に、仲間だと喜ぶ「元祖・奇蹟の少年」天青。けれど「本物はどちらか」を選ぶ試験が行われることになり……。
  • 宮廷神官物語 五(角川文庫版)
    もう一人の慧眼児との勝負に負け、ニセモノとして王都を離れることになった天青。男装の姫君・櫻嵐とともに、旅芸人の一座に紛れ、天青は慧眼を使いこなす修行の旅へ出るが……。
  • 宮廷神官物語 六(角川文庫版)
    宮廷に戻った天青は、鶏冠らと楽しい正月を過ごす。正月明け、王は世継ぎの藍晶王子に、王位継承を認める儀式を行うと告げる。未来の王たる証を得るよう言い渡された王子は、天青らを連れて旅に出るが……。
  • 宮廷神官物語 七(角川文庫版)
    王位継承者は、二人いる。衝撃の事実に激震が走る麗虎国宮廷。神官書生の天青は、敬愛する藍晶王子と、兄と慕う武官の曹鉄が王位継承者として争うことに心を痛める。曹鉄は孤立し、そして事件が……!?
  • 宮廷神官物語 八(角川文庫版)
    麗虎国の二人の王子―藍晶と曹鉄の対立は、避けられないものとなった。奇跡の少年・天青にとっては、どちらも大事な存在だ。しかも混乱の中、大国・淘の大使が視察に来ることが決定し……。
  • 宮廷神官物語 九(角川文庫版)
    奇蹟の力を見いだされ、王都へやってきた少年・天青。神官書生になるための試験で出会った、下働きの少年との友情や、学友たちとのわちゃわちゃの学生生活など、本編がさらに面白くなるファン必携の外伝集!
  • 宮廷神官物語 十(角川文庫版)
    大神官選定が近づく麗虎国。 筆頭候補となった瑛鶏冠(えいけいかん)だが、 王子の推挙にもかかわらず固辞し続け、 天青(てんせい)たちを困惑させる。 鶏冠には、大神官になれるはずもない、 重大な秘密があったのだ。 その秘密を知る苑遊(えんゆう)は、 死んだはずの鶏冠の弟・葉寧(ようねい)を探し出し、手中に収める。 弟を守るためには、苑遊の出す条件を呑むしかない。 けれどそれは、天青や...

宮廷神官物語(角川文庫版) の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています