革命前夜

革命前夜

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
紙の本 [参考] 979円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

この国の人間関係は二つしかない。密告しないか、するか──。
第18回大藪春彦賞受賞作! 革命と音楽が紡ぎだす歴史エンターテイメント

バブル期の日本を離れ、ピアノに打ち込むために東ドイツのドレスデンに留学した眞山柊史。
留学先の音楽大学には、個性豊かな才能たちが溢れていた。

中でも学内の誰もが認める二人の天才が──
正確な解釈でどんな難曲でもやすやすと手なづける、イェンツ・シュトライヒ。
奔放な演奏で、圧倒的な個性を見せつけるヴェンツェル・ラカトシュ。

ヴェンツェルに見込まれ、学内の演奏会で彼の伴奏をすることになった眞山は、気まぐれで激しい気性をもつ彼に引きずり回されながらも、彼の音に魅せられていく。

その一方で、自分の音を求めてあがく眞山は、ある日、教会で啓示のようなバッハに出会う。
演奏者は、美貌のオルガン奏者・クリスタ。
彼女は、国家保安省(シュタージ)の監視対象者だった……。
冷戦下の東ドイツで、眞山は音楽に真摯に向き合いながらも、クリスタの存在を通じて、革命に巻き込まれていく。

ベルリンの壁崩壊直前の冷戦下の東ドイツを舞台に一人の音楽家の成長を描いた歴史エンターテイメント。

圧巻の音楽描写も大きな魅力!
本作を彩る音楽は……ラフマニノフ 絵画的練習曲『音の絵』バッハ『平均律クラヴィーア曲集』第1巻 『マタイ受難曲』リスト『前奏曲(レ・プレリュード)』
ラインベルガー オルガンソナタ11番第2楽章カンティレーナ ショパン スケルツォ3番 ブロッホ『バール・シェム』より第2番「ニーグン」 フォーレ『エレジー』 ……etc.


解説・朝井リョウ

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
480ページ
電子版発売日
2018年03月09日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

革命前夜 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年04月09日

    世界中で立て続けに起こっていた革命。
    ベルリンの壁が崩壊を学ぶまで、東西ドイツの国境にあると思っていた無知な自分。

    混沌とした時代の東欧諸国の関係や街の様子、人々の暮らしがよくわかります。

    時折、音楽のタイトルが書かれているのでサブスクでダウンロードして《革命前夜》のプレイリストを作りました。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月26日

    舞台は1988年の東ドイツ。
    ただでさえアジア人の少ないこの地で、「西側」から来た日本人ピアニストの姿があった。

    ピアニストの眞山はバブル真っ盛りで何もかも軽薄に見えた日本での生活に嫌気がさし日本を離れて、純粋な音の世界を求めていた。

    そこは娯楽といえば音楽しかない世界のため、街中には音楽が溢れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月23日

    夢中で読み進めてしまった。
    まずタイトルがいい。
    時代背景と音楽と青春。
    現代の青春とは少し違う感触だが、あの時代あの環境の中での青春小説だと思う。
    すごい本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    音楽、ヨーロッパ(ドイツ)、青春、これらのキーワードに惹かれ手に取った本です。

    序盤は音楽の専門用語や独特の現地の状況を理解する事に時間を要しましたが、中盤〜終盤にかけての展開は、非常にリズミカルであっという間に読んでしまいました。

    ライバル、友人(含む恋人?)との出会いや時代の畝りを体感するこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    この本、3年前の本なのにずっとランキングに入っていたので、それに惹かれて買ってみたが、確かになかなか面白かった。

    1989年1月に日本を離れ、東ドイツ(DDR)に音楽留学したピアニストの眞山柊史。
    まずはこの時代・場所の設定が絶妙。
    日本では第二次世界大戦の敗戦は遠い昔のこととなりバブルに湧いてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月26日

    中盤までは登場人物の名前や性格の把握しきれず、「あれイェンツって誰だっけ」みたいな事がありましたが後半はすぐに思い浮かぶほど濃い内容でした。
    非常に読み応えがあり鳥肌が立つようなシーンもあった為読み終わった今は感無量です笑笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    読み終わってしまった... シリーズものじゃなくて、1冊も小説に対してこれほど読み終わりたくない!って思ったのは久しぶり

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月12日

    バッハを聴きながら読み終わった。
    最後の展開が怒涛。え!?え!?って思ってたら終わった。もっかいじっくり読み直したい。

    これがデビュー作だと知らずびっくり。これからどんな本が出てくるのか楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    西側の国日本から東ドイツへの音楽留学。
    絶対的な自信や信念、覚悟を持った天才達との決して友好的とは言えない関わりの中で、自分の音を探す主人公。
    カラフルではないが音に溢れた作品。

    曇天に一筋の光が差し込むようなラストが印象的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    曲が出るたびにYouTubeで聴きながらたった今読み終えました。
    読むのが遅い私が、2日で!
    登場人物たちがあまりにも大人で頭も良く気難しいと感じることもありましたが、みんな魅力的で好きになってました。
    泣きました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています