ゲームセットにはまだ早い

ゲームセットにはまだ早い

作者名 :
通常価格 805円 (732円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

クビを宣告されたプライドばかり高い圭輔、自身の夢と家族との間で葛藤する武、やりたいことが何もない超現実主義の心花……。そんな彼らが、ど田舎のスーパーなどで働きながら、共に野球をするはめに。目標はまさかの全国制覇!? はみ出し者の彼らは、人生の逆転ホームランを放つことができるのか。かっこ悪くて愛おしい、大人たちの感動物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2017年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ゲームセットにはまだ早い のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月13日

    新潟県の過疎の街にある野球クラブチームに、夢を捨てきれない人々がいる。社会のはみ出し者の彼らは、人生の逆転ホームランを放つことができるのか。カッコ悪いけど愛おしい大人たちの感動物語。
    人生は挫折の繰り返しである。でも、そこから這い上がることで人は強くなり、夢をつかむことができる。三香田ヴィクトリーの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月23日

    社会人野球クラブチームを舞台にした、選手やスタッフ、監督たちのまっすぐな想いが心地よい「イイ大人の」青春小説。爽やかででもそれだけでない苦さも含まれた、深みある物語です。
    そして読み終わったあとには、この表紙の装丁のように、青空へ今一度駆けていこう、たたかっていこうというような、前向きな気持ちをもた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月03日

    野球は別に好きじゃないのに、意外と読む機会が多いなと思う今日この頃。須賀さんだから読みました。「夢」という、自分の想いをどこにもってくるのか、どんなことも一人では叶えられない、人との繋がりが生きてました。
    高校野球どころか、まったくなじみのないクラブチームという、場の設定。最初、全然乗り気じゃなかっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月21日

     たまたまタイトルが目にとまり、入手。野球小説。よく取材されているなあ、というのが第一の感想。通勤電車内で軽く読めたのがよかった。展開のテンポも良く、飽きもこない、良いエンタメ小説。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月06日

    【収録作品】第一章 夢の賞味期限/第二章 たからものを探して/第三章 神の一球 悪魔の一球/第四章 ミスター・ヴィクトリー/第五章 プレイボールをもういちど/終章
     社会人野球のクラブチームの大躍進を描いた野球小説であり、人の生き方の小説。スポーツに限らず、プロにはなれなくても全身全霊を打ち込んでし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月16日

    社会人野球。
    その中のクラブチームという存在。

    企業チームや独立リーグとの関係。

    環境や待遇も様々だ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています