青のオーケストラ(8)

少年マンガ 11位

  • NEW
  • 最新刊

青のオーケストラ(8)

作者名 :
通常価格 650円 (591円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

妖しさ、優雅、怒り…その感情を音にする。

コンクールまで残り2ヶ月。
演奏曲「バッカナール」の
音のイメージと、各楽器の
バランスに苦戦する部員たち。

【この代しか創れない音】を目指して、
お互いの感情に向き合っていく――

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
裏サンデー
ページ数
200ページ
電子版発売日
2020年09月11日
紙の本の発売
2020年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
43MB

関連タグ:

新刊オート購入

書店員のおすすめ

ヴァイオリンをやめた青野一は、ある日出会った。少女と、そしてオーケストラと。
それまで一生懸命に取り組んでいた音楽をやらなくなり、気の抜けた生活をしていた主人公の青野は、担任の先生である武田先生の策略により、ヴァイオリンを練習する秋音律子と出会う。あまり上手くない演奏をしていた秋音は、先生が所属していたオーケストラ部に入るために練習をしていたのだった・・・。
この作品の特筆すべきところ。一つ上げるとすれば、音楽って素晴らしいと思える演奏中の描写。目を瞑れば旋律が聞こえてくるよう。作中の世界に入ってみたいと思ったことも数知れません。
もちろん音楽だけではありません。登場する皆にも注目です。主人公を含め、出てくる皆には悩みがあります。そんな悩みにぶつかりながら解決するところは、自分のことのように喜ばしいです!どんな話が進んでいくのか、どんな曲を演奏していくのか。続きをどんどん読みたくなる。そんな作品です。

青のオーケストラ(8) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月12日

    3年生が抜けたゴタゴタが収まるまで、音楽よりも人付き合いがメインになりそう。オーケストラだからしょうがないのだろうけど、音楽を深ぼっていくスタイルに早く戻って欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    良い巻です

    ひなま 2020年09月13日

    読み味が良いエピソードばかりです。
    特に楽曲を通してのハルちゃんの成長は最高です。
    りっちゃんと立花の関係もどんどんよくなってます。
    青野もハルちゃんを意識し始めたし、ほんとに青春スタートって感じです

    このレビューは参考になりましたか?

青のオーケストラ のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 青のオーケストラ(1)
    とある理由でヴァイオリンを弾くのを辞めた 元・天才少年、青野 一(あおのはじめ)。 中学3年の秋、一人の少女と 高校のオーケストラ部と出会い、 止まっていた彼の時間が動き出す―― 音と音、心と心が繋がっていく アンサンブル青春ドラマ、開幕。
  • 青のオーケストラ(2)
    この音を、忘れない。 高校に入学した青野と秋音はオーケストラ部(通称・オケ部)へ見学に行くことに。 そこで青野は部活推薦で入学した佐伯と一緒にヴァイオリンを弾くことになるが…
  • 青のオーケストラ(3)
    その情熱が音になる。 仲間がライバルになるオーディションが始まる――― 名門・海幕高校オーケストラ部に入部した青野と秋音は、定期演奏会メンバーのオーディションに参加することに。 猛練習する青野に、普段、あまり部活に来ない2年生の羽鳥が接触してきて――!?
  • 青のオーケストラ(4)
    繋がりと音が変わっていく。 定期演奏会オーディションで、同級生で同パートの佐伯に一時的に競り勝った青野。 しかし、想像以上のスピードで上達し、別人のような音を出す佐伯に、青野は圧倒されてしまい――!!
  • 青のオーケストラ(5)
    想いを音にのせていく―― 定期演奏会の再試験を前に、ライバルの佐伯からある事実を告げられ戸惑う青野。 ブランクによるスランプ、ライバルへの焦燥、父親へのトラウマ。 様々な悩みを乗り越えた青野の演奏に変化が現れる――!
  • 青のオーケストラ(6)
    3年生最後の“夏の演奏会”始まる。 夏休みの練習を終えて ついに定期演奏会が開幕! 初演奏の秋音と「カルメン」、 上級生の「四季」etc. それぞれ重ねた経験と、 受け取った想いをのせて 一瞬の音に残していく――
  • 青のオーケストラ(7)
    コンクールに向け、新体制が始まる。 夏の定期演奏会、最後の曲 「新世界より」の演奏が終わり、 3年生が引退した。 季節は夏から秋へ――― 2年生が中心になった オケ部はコンクールに向けて 練習を始めるのだが…!?
  • 青のオーケストラ(8)
    続巻入荷
    妖しさ、優雅、怒り…その感情を音にする。 コンクールまで残り2ヶ月。 演奏曲「バッカナール」の 音のイメージと、各楽器の バランスに苦戦する部員たち。 【この代しか創れない音】を目指して、 お互いの感情に向き合っていく――

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています