約束のネバーランド 7

約束のネバーランド 7

作者名 :
通常価格 410円 (税込)
紙の本 [参考] 432円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

目的地・B06-32の地下で子供達を待ち構えていた謎の男――。彼の正体とは一体!? エマ達の冒険は次なる局面へと移る。「ミネルヴァ探訪編」新展開突入!! 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
週刊少年ジャンプ
ページ数
199ページ
電子版発売日
2018年01月04日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

脳がヒリつく脱獄サスペンス!少年ジャンプに現れた異色作かつ超良作!
舞台は明るく和やかな孤児院、勉強にお手伝いにと幸せな日々を過ごす少年少女……しかしこの孤児院にはあまりにも凄惨な秘密があったのです。里親に引き取られ孤児院を去ったはずの子供達は、実は「出荷」されていた……「異形のモノ」の、「食事」として……!
ここまでで既に「え!?」となってしまうインパクト。主人公達はこの秘密を知って脱出を計画する訳ですが、そこからの展開はもう目が離せません!それぞれ知恵、知識、運動神経の高い少年少女達が立ち回りますが、それ以上に異形のモノの手先である孤児院の院長ママは周到で抜け目なく強か。計画がバレないよう情報を集め、腹を探り合い、虎視眈々と脱出の機会を伺う緊張感はプリズンでブレイクな海外ドラマを思わせるクオリティです。
1話1話がハラハラしっ放し、続きが気になって仕方ない脱獄劇……もう全力でオススメです!

Posted by ブクログ 2018年01月12日

脱出先輩おじさんが、だいぶトラウマ背負ってそうな感じで情緒が行方不明な、一癖二癖ありそう感がいいですね、大塚芳忠さんでお願いします。脳内ではもう、そう。

ミネルヴァさん、いねぇのかよ!と思ったけど一冊一冊でよくもまあ、無駄なく丁寧に話が進むよね。七冊でこの濃さってすごくね?
4月発売の8巻がもう待...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月04日

GFハウス脱走からシェルターB36-02からの物語へ。
多少つまらなくなるのかなーと思っていたが、
情報戦、知能戦に加え、大人との心理戦が加わり、おもしろい。

次巻も楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月18日

ここまで誰も欠けずに来てるので、これからが逆に怖い
なるほど、そういう世界観か、と
ペットショップのペット目線でお話書いたらどうなるかなと思っていたけど、それに近いものがあった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月29日

新キャラクターと新展開、大人のキャラクターとの心理戦ふたたび。知的でない鬼も登場して、ますますどうなるかが気になります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月10日

そうか、彼は先輩だったのかぁ。
そしてミネルヴァさん(だったか?)の目的が見えなくてちょっとコワイ。とは言え彼ら二人が何の策もなく、彼と共に行動しているとは思えないのでどうなるのか?お手並み拝見と言ったところかな。続きも楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play