静かな炎天

静かな炎天

作者名 :
通常価格 753円 (685円+税)
紙の本 [参考] 759円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

有能だが不運すぎる女探偵・葉村晶シリーズ第4弾。
苦境にあっても決してへこたれず、ユーモアを忘れない、史上最もタフな探偵の最新作。
〈甘いミステリ・フェア〉〈サマーホリデー・ミステリ・フェア〉〈風邪ミステリ・フェア〉〈学者ミステリ・フェア〉〈クリスマス・ミッドナイトパーティー〉など、各回を彩るユニークなミステリの薀蓄も楽しめます。
好評の「富山店長のミステリ紹介ふたたび」も収録。
解説は大矢博子氏。

【目次】
「青い影~7月~」……バスとダンプカーの衝突事故を目撃した晶は、事故で死んだ女性の母から娘のバッグがなくなっているという相談を受ける。晶は現場から立ち去った女の存在を思い出す
「静かな炎天~8月~」……かつて息子をひき逃げで重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。晶に持ち込まれる依頼が順調に解決する真夏の日。晶はある疑問を抱く
「熱海ブライトン・ロック~9月~」……35年前、熱海で行方不明になった作家・設楽創。その失踪の謎を特集したいという編集者から依頼を受けた晶は失踪直前の日記に頻繁に登場する5人の名前を渡される。
「副島さんは言っている~10月~」……元同僚の村木から突然電話がかかってきた。星野という女性について調べろという。星野は殺されており、容疑者と目される男が村木の入院する病院にたてこもっていた。
「血の凶作~11月~」……ハードボイルド作家・角田港大の戸籍抄本を使っていた男がアパートの火事で死んだ。いったいこの男は何者なのか?
「聖夜プラス1~12月~」……クリスマスイブのオークション・イベントの目玉になる『深夜プラス1』初版サイン本を入手するため、翻弄される晶の過酷な一日を描く。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
葉村晶シリーズ
ページ数
320ページ
電子版発売日
2016年09月23日
紙の本の発売
2016年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB
  • ドラマ化

    「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」

    2020年1月24日~ NHK総合
    出演:シシドカフカ

静かな炎天 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月10日

    この事故現場の交差点、知ってる。
    この川、知ってる。
    このお菓子、知ってる。
    え!地元?
    変な興奮をしてしまい、うわうわしているうちに、読み終わってしまいました。

    体が痛い、しんどい、でも仕事だから動かないと辛いけど動かないとで、仕事を続ける晶
    を応援してました。


    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月17日

     『私は葉村晶という。国籍・日本、性別・女。・・・〈白熊探偵社〉の調査員である。』という冒頭の自己紹介からイメージする通り、GUNアクションもなければ、徒手のアクションもない。にもかかわらず、この躍動感たるや、このスピード感たるや。ハードボイルドな乾いた文体の中に含まれるユーモアが、主人公をチャーミ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    四十肩でもハラワタが煮えくりかえっていても、依頼に応えるべく奮闘する葉村晶の姿に声援を送らずにはいられない。短編でも密度が高く、思いがけず些細な情報が繋がっていく鮮やかさは流石。"女"探偵を前面に出さず、あくまで一人の"探偵"として描かれている所が魅力的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月06日

    設定が安定したからか、主人公も探偵稼業と雑用に邁進しています
    すっきり解決しないエピソードもありますが、洞察と推理は探偵らしくなっていますね

    かつての同僚が登場する4話、依頼者に振り回され続ける5話、葉村らしさ全開の6話と後半が面白いです
    結局、どっちなのか、どうなったのかが気にはなりますが

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    バラエティに富んだ短編6作からなる葉村晶シリーズの短編集。少なからず主人公自身のせいでもあるのだが、主人公の知人達が遠慮なくトラブルに巻き込んでおきながら、当人たちにはまるでそんな認識がない。おいおい、いい加減にしろよと言いたくなるよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月02日

    9時7分、玄関を出たところでスマホに載せているバス時刻表を見ると出発時刻は9時9分だった。考える暇はなかった。普段は5分の道のりを、私は走った。散歩中のお爺ちゃんおばあちゃんが、目を剥いて私のガニ股走行を眺めている。最初のダッシュは、無酸素系の筋力エネルギーが使われるという。その1-2分後に有酸素系...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月17日

    葉村晶シリーズ。今回は短編集。安定の面白さ。
    とにかく優秀な探偵だ。
    なんだかんだ言って断れないところも人が良いというか。
    最後の話などは、よくもまあこんなに人に図々しくも頼むことのできる人間がいるものだとも呆れそうになった。
    葉村晶のことをうわあたいへんとか思いながら読んだけど、なんとか終わってほ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月09日

    葉村晶が縦横無尽の活躍?をする短編が6つ.ミステリー専門書店の店員と探偵社の調査員を兼ねて、書店の店長富山泰之にもこき使われる.どれも楽しめたが、表題作でバア様を合法的に熱中症で殺すことを企てた某町内会長の策略に引っ掛かりそうになった晶の冷静な観察力には感心した.古典ミステリーが数多く登場するが未読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月15日

     不運な探偵葉村晶シリーズの久しぶりの短編ミステリ。
     長編とは異なり、いささかユーモラスな、しかし実に葉村晶らしいミステリである。笑っていいのか考え込むべきなのか悩む。
     もしかしたら、今まで葉村晶シリーズを読んだことがなく、読みはじめる人はこの作品から入ると読みやすいのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月11日

    おもしろかった。
    40代独身女性の女探偵っていう設定がなかなか珍しい。
    だけどなかなかリアリティがあって良い。
    作者自身が探偵小説がすごく好きなんだなぁというのがよく分かる。
    最後の富山店長のお勧め本とか全部読んでみたい(笑)
    これ、シリーズものなのね。
    他のも読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

静かな炎天 に関連する特集・キャンペーン