臣女(おみおんな)

臣女(おみおんな)

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

夫の浮気を知った妻は身体が巨大化していった。絶望感と罪悪感に苛(さいな)まれながら、夫は異形のものと化していく妻を世間の目から隠して懸命に介護する。しかし、大量の食料を必要とし、大量の排泄を続ける妻の存在はいつしか隠しきれなくなり、夫はひとつの決断を迫られることに──。恋愛小説に風穴を空ける作品との評を得、満票にて第22回島清恋愛文学賞を受賞した怪作! 【解説】小池真理子

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2016年09月02日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

臣女(おみおんな) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月06日

    夫の浮気を知り、絶望となった妻にもたらされた変化は巨大化だった。

    妻の身長は4メートルを超え、服も着れない、外出もできない。ただ、大量の食料を食べ、大量の排泄をするだけ。そんな妻を眼の前にした夫は苦悩と嫌悪、愛情を投げかけながら、妻に尽くし続ける。

    カフカの「変身」のように理由もなく異形になって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月22日

    切実なる恋愛小説。

    浮気がバレた日を境に巨大化、異形化が止まらない妻。途中目を覆いたくなるような凄まじい描写があるのだけど、それでも夫の心情と同じように、妻のことが愛おしくなってくる。
    妻との生活はどう考えても負担が大きく逃げ出したくなるのだけど、なぜだか決して離れたくはない感覚。たぶんこれは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月18日

    夫の浮気を知った妻は身体が巨大化していった。絶望感と罪悪感に苛まれながら、夫は異形のものと化していく妻を世間の目から隠して懸命に介護する。しかし、大量の食料を必要とし、大量の排泄を続ける妻の存在はいつしか隠しきれなくなり、夫はひとつの決断を迫られることに。

    すごい内容。衝撃的。
    しかも便とか吐瀉物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月03日

    「グロ」と「夫婦愛」の融合。
    家畜人ヤプー以来の奇作です。

    内容は、夫の不倫を知った妻が突如、5mになるまで巨大化。
    日常生活もままならなくなる中、懺悔と愛情の入り混じった心境で介護し続ける夫の戦いの物語です。

    戦いといっても、大半が妻の食事や排泄処理。
    排泄の描写は、スカトロファンにはたまらな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月05日

    現代日本の下水システムはすばらしい。
    うんこにまみれてこそ真実の愛。そのスタート時点から変わらなかった奈緒美の健気さを知るラストシーン。せつない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月24日

    描写が分かりやすくて、うわぁと思いながら読み進めつつも、途中で飽きてくるところもあったので星3つ。
    結局最後はどうなったのかがはっきり知りたかったなぁ。
    それと釣り人の気持ちとか、行動がどうなったのか知りたかったなぁ。
    気がかりが多くて気になってしょうがない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月04日

    読んだことない恋愛小説だった。グロテスクだけど現実で、いろんな感情を行き来する主人公がリアルだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月15日

    本当にダメ男なんだけど、奥さんに優しいのか何なのかなぞ。。
    でも、異様な姿になっていく奥さんを世話していくのはやはり愛があるからなのか?
    印象に残る本になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月19日

    最初から最後までグロテスクなんだけど、その中にも愛が描かれている。
    こんな状況下で配偶者を愛し続けられるか、自分だったらどうだろうと考えながら読んでしまった。
    終わりが見えないのが一番辛いだろうなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月07日

    元気な時に読まないとダメなやつだコレ
    臭いや音が想像できてゲンナリしながらも一気に読んだ
    ハッピーエンドはありえないよな、とわかっていても最後はけっこうぐっと胸にくるものがあった
    次は爽やかな青春小説読もうっと

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

臣女(おみおんな) に関連する特集・キャンペーン