棺に跨がる

棺に跨がる

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 616円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

カツカレーの食べかたを巡って諍いとなり、同棲相手の秋恵を負傷させた貫多。秋恵に去られる事態を怖れた彼は、関係の修復を図るべく、日々姑息な小細工を弄するのだが――。「どうで死ぬ身の一踊り」の結末から始める特異な手法で、二人の惨めな最終破局までを描いた連作私小説集。〈秋恵もの〉完結篇。

鴻巣友季子さんによる解説「虫歯を噛みしめるような快感――西村賢太の私小説を読む」も収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
176ページ
電子版発売日
2016年07月29日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

棺に跨がる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年05月30日

    あー、細い糸一本でようやく繋ぎ止めてたものが、ついに切れて終わってしまった。読んでて辛かった。大事なものを自分のせいで失ってしまう、そういう臨場感があった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月25日

    それならおまえの股ぐらにもラップをまけ。
    その悪罵ににやつかせてもらった秋恵もの、終わりとは寂しい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています